最新ランキングをチェックしよう
中国人が捨てたカキの殻で江戸川河口が汚染 注意しても「日本語、わからない」と馬耳東風

中国人が捨てたカキの殻で江戸川河口が汚染 注意しても「日本語、わからない」と馬耳東風

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/12/06

千葉県市川市の江戸川河口に大量の白い物体が捨てられている。推定100トンというカキの殻だ。中国人がここでカキを採取し、身だけをむき、殻を投棄する。住民が注意し、「とくダネ!」も去年(2016年)取材したが、いっこうに止めようとしない。東京湾ではここ数年、カキが発生している。江戸川の河口から東西線の橋あたりまでの水域には、日本に住む中国人らしい男女がやってきて、中には首まで水に使ってカキを探す「爆・

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
“潜在人気”低かった!?吉岡里帆、主演映画に「席がガラガラすぎて怖い」の悲鳴
日本のウルグアイ戦勝利に韓国がっかり?「せめてもの救いが...」
怒りのウルグアイ、整列&握手せず退散も... エースが通路で日本人選手に見せた優しさ
ドコモ、名刺サイズの「カードケータイ」発表
人体標本展を中止、拷問死した中国人の可能性 スイス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加