マーリンズGM、イチロー再契約の可能性否定「若返りの球団方針に合わない」

マーリンズGM、イチロー再契約の可能性否定「若返りの球団方針に合わない」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/14
No image

イチロー

米大リーグ、マーリンズのマイケル・ヒル・ゼネラルマネジャー(GM)が13日(日本時間14日)、過去3年間プレーしたイチロー外野手(44)との再契約の可能性を否定した。この日、フロリダ州オーランドで始まったGM会議で取材に応じ、明らかにした。

マーリンズはワールドシリーズ終了後の今月3日に球団が持つ同選手の来季の年俸200万ドル(約2億3千万円)の契約の選択権を行使しないと発表。9月末に球団の買収が正式承認された元ヤンキースのジータ-CEO(最高経営責任者)ら新オーナー陣にとって今オフ最初の決断となった。

過去2年はシーズン終了後にイチローの契約更新を発表していたヒルGMは「若返りを図りたいチームの方針に合わなくなった。この3年間、イチローはチームに多くのものをもたらしたが、これまでとは異なる方向にかじを切った」と説明。

総年俸削減の方針を打ち出していることから、フリーエージェント(FA)になったイチローとは条件を見直して再契約する可能性も考えられたが、同GMによると、選択権を行使しないと決めた際に本人にチームの考えを伝えたという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
上原を「ヤンキースが獲るべき選手」候補に 米サイト報じる
【MLB】“大本命”ヤンキースが大谷獲得へ資金増、トレードで契約金上限の微増成功
怪物ジャッジが席巻、MLB公式サイト今季本塁打特集 最速打球は驚異195キロ
大谷の「必要性」全30球団最高レベル FAマトリックスで分析
【MLB】大谷翔平の動向がメジャー全体に影響か 米メディア分析「今オフは動き遅い」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加