日本残留王手 添田が劇的勝利

日本残留王手 添田が劇的勝利

  • tennis365
  • 更新日:2017/09/15
No image

劇的な勝利をおさめた添田豪 : 画像提供 ゲッティ イメージズ

男子テニスの国別対抗戦 デビスカップ ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)日本vsブラジル(日本/大阪、靱テニスセンター)は初日の15日、シングルス2試合が行われ、世界ランク42位の杉田祐一と同139位の添田豪が勝利し、2連勝した日本はワールドグループ残留に王手をかけた。

>>マクラクラン/ 内山組 1ポイント速報<<

錦織圭ダニエル太郎西岡良仁が不在の中、日本から杉田がシングルス第1試合に登場。2セットを連取するも、第3セットは先にブレークを許して追いかける展開となったが、タイブレークをものにして1勝目をあげた。

続く第2試合はベテランの添田がサウスポーのT・モンテイロ(ブラジル)と対戦。第4セットとファイナルセットでサービング・フォー・ザ・マッチをブレークバックされたが、最後はホームの声援を力に変えて劇的な勝利をおさめた。試合時間は3時間39分。

大会2日目の16日はB・マクラクラン/内山靖崇組とM・メロ(ブラジル)/B・ソアレス(ブラジル)組が対戦する予定。

日本は昨年のワールドグループプレーオフ ウクライナ戦で5連勝をおさめてワールドグループ残留を決めた。今年2月のワールドグループ1回戦ではフランスに1−4で敗れ、今回のプレーオフを戦っている。

日本とブラジルの組み合わせは、以下の通り。

【大会1日目】
・シングルス第1試合:杉田祐一 6-2, 7-5, 7-6 (7-5) G・クレザー
・シングルス第2試合:添田豪 3-6, 6-4, 6-3, 6-7 (1-7), 6-4 T・モンテイロ

【大会2日目】
・ダブルス第1試合:B・マクラクラン/ 内山靖崇 vs M・メロ/ B・ソアレス

【大会3日目】
・シングルス第1試合:杉田祐一 vs T・モンテイロ
・シングルス第2試合:添田豪 vs G・クレザー

デビスカップは、初日に各国1位の選手と2位の選手によるシングルスをそれぞれ行なう。2日目にダブルス1試合、最終日の3日目は両国1位と2位同士のシングルス2試合の合計5試合が行われ、3勝した国が勝利となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本はシード国のイタリアとホームで対戦 [デ杯ワールドグループ2018]
マッケンロー氏、レーバー杯がデビス杯の改革につながることを期待
ストリコバが世界7位のコンタを下して準々決勝へ [東レPPO]
前回女王ウォズニアッキが辛勝で8強入り、コンタは初戦敗退 東レPPO
昨年初Vも今年は初戦敗退
  • このエントリーをはてなブックマークに追加