鹿島のVシナリオを崩した不可解ジャッジ

鹿島のVシナリオを崩した不可解ジャッジ

  • THE PAGE
  • 更新日:2016/11/30
No image

ホームでの初戦の黒星に肩を落とすアントラーズイレブン(写真:長田洋平/アフロスポーツ)

不可解なジャッジが、鹿島アントラーズが描いていたシナリオを崩壊させた。29日にカシマスタジアムで行われた、今シーズンのJ1の頂点を決めるチャンピオンシップ決勝第1戦。唐突に鳴り響いたホイッスルが、試合を大きく動かした。

鹿島、浦和レッズともに無得点で迎えた後半11分だった。右サイドで縦パスを受けた浦和のMF柏木陽介が切り返しから相手をかわし、左足でクロスを入れる。ターゲットはペナルティーエリア内のファーサイドに走り込んできたFW興梠慎三。鹿島の右サイドバック・西大伍が、すかさず間合いを詰める。

「相手をいい場所に入らせない、というのは定石。僕はいままでもああいうやり方で守ってきたので」

ともにベストのポジションを争う2人の体が接触し、興梠がピッチに倒れた直後だった。家本政明主審が吹いたホイッスルは鹿島のゴールキックではなく、浦和のPK獲得を告げるものだった。現実を受け入れられなかったのか。振り返った西は家本主審を見ながら、両手を大きく広げて抗議した。

「足もかかっていないし、手も使っていない。感覚としてはもちろん(ファウルは)なかったですし、興梠選手もそれはわかっていると思うんですけど」

サッカーにおいては、一度下された判定は覆らない。ペナルティーエリア内における主審の判定の精度をあげるために、ゴールライン上に配置された追加副審(AAR)に確認してくれ、と鹿島の選手が詰め寄っても家本主審は首を横に振るだけだった。

その約1分後。慎重にボールをセットし、何度も深呼吸を繰り返した浦和のキャプテン、MF阿部勇樹が大胆不敵にもほぼ真ん中へPKを蹴り込む。右に跳んだ37歳の大ベテラン、GK曽ヶ端準をあざ笑うかのように、緩やかな弾道がネットを揺らした。

年間総合順位で13もの勝ち点差をつけられた2位の川崎フロンターレを1‐0で撃破し、痛快な下克上を成就させた23日の準決勝後。デイフェンスリーダーの昌子源は、年間総合順位で1位の浦和に挑む決勝のシナリオの一端を、こんな言葉とともに説明してくれた。

「第1戦はホームで戦えるアドバンテージを生かして、アウェイゴールを与えずにしっかりと勝つこと。俺らは特に変わることなく、鹿島らしいサッカーを最後まで貫きたい」

一発勝負の準決勝と異なり、決勝はホーム&アウェーで勝利数が多いチームが美酒に酔う。1勝1敗のイーブンになった場合は(1)2試合の得失点差(2)2試合のアウェイゴール数――の順で勝敗が決まり、それらも同じだった場合は年間総合順位で上位の浦和に軍配が上がる。

お互いに手堅い試合運びとなると予想された大一番。鹿島としては浦和を無失点に封じたうえで、最低でも引き分けに持ち込んで、12月3日に敵地・埼玉スタジアムで行われる第2戦に臨みたい。

前線から連動したプレスと、激しい球際の攻防。リーグ最強を誇る川崎の攻撃陣をシャットアウトした堅守が効いていただけに、試合後に自らの目で映像をチェックし、ごく普通のボディコンタクトだったと確信した昌子は納得がいかない。

「負けてからレフェリーのことを言うと、言い訳でしかないからね。あまり言いたくないんですけど、それでも誰がどう見てもジャッジは不公平だったと思う。(西)大伍君と(興梠)慎三さんが倒れた瞬間に笛を吹いて、ちゅうちょなく『PK』と言ったから、よほど自信があったんだろうけど。まあ、そういう部分を含めて負けは負け。自分たちが弱いから負けた、ということに尽きる」

ホームのアドバンテージを得られる状況にもほど遠かった。空席が目立ったスタンドは、特にゴール裏の2階席はまばらな観客を数えられるほど閑散としていた。入場者数は2万3074人。カシマスタジアムの収容人員が4万728人だから、約56%しか埋まらなかったことになる。

集客ナンバーワンを誇る浦和でさえも、平日のナイトゲームは動員で苦戦を強いられる。加えて、準決勝の結果を受けて4日前の25日に一般販売が始まったことも、第1戦の前売りチケットの売れ行きの鈍さに拍車をかけた。

対照的に11月3日の段階で年間総合順位の1位を決め、決勝第2戦を行う日時の告知に時間を取れた浦和のチケットはすでに完売。超満員の大声援が、10年ぶりとなるJ1王者獲得を後押しする。

それでも昌子は自軍のゴール裏をチームカラーの深紅に染め、声を枯らして応援を続けてくれたファンやサポーターに感謝する。少ないとはいっても、2万3074人は今シーズンでは5番目に多い数字だった。

「午後7時半開始でしかも平日で、交通の便などを考えるとカシマスタジアムは難しいけど、それでも熱い応援は聞こえていた。僕たち選手やスタッフはもちろんですけど、ファンやサポーターの誰一人としてあきらめていない、という応援だったので、それは次への好材料なのかなと」

実際、奇跡への可能性を繋ぎとめてもいた。1点を追う展開で、時間の経過とともにリスクをかけて攻めていったなかで、昌子はセンターバックを組む元韓国代表のファン・ソッコとこんな声をかけあっていた。

「この1点差をキープするぞ」

負けるにしても0‐1。もし2点差以上をつけられたら、第2戦を待つことなく事実上の終戦を迎える。不可解なPKで浦和にアウェイゴールを献上し、逆転することはおろか、追いつくこともできなかったが、途切れそうな気持ちを必死に紡いだ末の黒星に昌子は努めて前を向いた。

「0‐1のスコアな最低限かな」

先制された直後からは、右足の違和感で戦列を離れていた司令塔・柴崎岳が復帰。28分間のプレーながら背番号「10」は鹿島の攻撃を差配し、金崎と並ぶチーム最多タイの3本のシュートを放った。柴崎が入った後に生じた鹿島の変化を、日本代表DF槙野智章はこう振り返る。
「柴崎選手が入ることで鹿島の選手の動き方、ボールの動かし方が変わると思っていましたけど、実際、周りの選手の動き出しが速くなりましたよね」

浦和のミハイロ・ペトロヴィッチ監督は、柴崎対策として守備力に長けるボランチ・青木拓矢を後半29分から投入。後半だけで11本のシュートを浴びるなかで1点を守り切ったが、柴崎が第2戦で先発に復帰すれば違った展開に持ち込むことも十分に可能になる。

鹿島が逆転で王者を獲得するには、何よりも第2戦で勝利が求められる。しかも、1‐0のスコアならば浦和に凱歌があがる。

「今日よりもさらに攻撃的に行かなきゃいけないし、そのなかで失点してしまえば絶望的になる。難しいけど、それでも気持ちを切り替えて、絶対に2点以上取って勝ちたい」

中3日の調整時間を、ハーフタイムと考えれば――。特に強靭なメンタルが求められる“後半”の90分間で、J1で屈指の勝負強さを誇る鹿島の真価が問われることになる。

(文責・藤江直人/スポーツライター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
[関西:入れ替え戦]甲南大、1部昇格ならず...前半先制の勢い乗れず(22枚)
岡山J1昇格プレーオフ 本拠地で無料PV実施
浦和、“神ってる”ままで年間Vへ!槙野「もう、やるだけ」
仙台「リズムが崩れた」泥沼9連敗...ワースト更新
日本リーグ 2日女子結果一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加