川崎F、アルトゥール・マイアのための献花台を設置。練習前には全員で黙祷も

川崎F、アルトゥール・マイアのための献花台を設置。練習前には全員で黙祷も

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2016/12/01
No image

アルトゥール・マイア(写真は川崎フロンターレ在籍時)【写真:Getty Images】

J1リーグの川崎フロンターレが1日、現地時間11月28日に発生した飛行機墜落事故によって2015年シーズンに所属していたブラジル人MFアルトゥール・マイアが死亡したことを受け、麻生グラウンドに献花台を設置したことを発表した。

川崎はツイッターを通じて「麻生グラウンドに献花台を設置しました。正門を入ってすぐ右側です」のコメントと共に、背番号10のユニフォームと同選手の写真を飾っている。また「トレーニング前に選手・スタッフ全員で黙祷を行いました」と、つぶやいている。

マイアは中国1部の広州富力に移籍したFWレナトに代わる即戦力として川崎が2015年にヴィトーリアから期限付き移籍で獲得した。その後、シーズン終盤までプレーした後、一度ヴィトーリアに戻り今年5月からシャペコエンセに期限付き移籍してプレーしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
第1回“FIFAファン賞”3候補が発表。リバプール&ドルトの両サポーターも選出
WADAが発表「ロシアでドーピング関与1000人以上」
アーセナル、好調ストークは厄介な相手?第15節 アーセナル vs. ストーク
エース、ドラクスラーの“背信行為”に揺れ動くヴォルフスブルク
ロナウジーニョらの加入はなし。シャペコ会長が”身の丈”再建方針示す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加