大谷、12日に右足内視鏡手術「万全の状態で新しいシーズンを」

大谷、12日に右足内視鏡手術「万全の状態で新しいシーズンを」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/10/11

日本ハムは11日、大谷翔平投手(23)が12日に東京都内の病院で内視鏡による右足関節有痛性三角骨(足関節後方インピンジメント)除去の手術を受けることが決まったと発表した。入院期間や練習再開までに要する期間などについては、手術終了後に改めて発表する。

No image

12日に手術を受けることになった大谷

大谷は球団を通じて「万全の状態で新しいシーズンを迎えるため、公式戦終了直後のこの時期に手術を受けることにしました。自分なりのパフォーマンスを出せるように、手術後はリハビリと練習に努めます」とコメントしている。

ポスティングシステムを利用して今オフに米大リーグへ移籍する意思を固めている大谷は「4番・投手」で先発出場した4日のオリックス戦(札幌D)では投手として2安打10奪三振で完封、打者として1安打を放つ離れ業。9日の今季最終戦・楽天戦(kobo宮城)には「3番・DH」で先発出場し、4打数無安打2三振で日本での“ラストマッチ”を終えていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神“弱点”克服へ即戦力投手獲る!清宮外れたらドラ1~3まで
さあ来週はドラフト会議!清宮を「いちばん伸ばせる」球団はここだ
暴走続きの張本勲と関口宏を一喝した金田正一に「よくぞ言った」と称賛の声
阪神メッセが9年目シーズンへ...各球団発表、10月20日の引退、契約は?
【ドラフト展望】日ハム 「大谷ロス」を埋めるのは清宮しかいない!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加