【SWEET LOVE SHOWER 2017】トークの方が長い!? レキシが爆笑必至のライブを展開!

【SWEET LOVE SHOWER 2017】トークの方が長い!? レキシが爆笑必至のライブを展開!

  • ニュースウォーカー
  • 更新日:2017/10/22
No image

稲穂を手にした観客と「イナホ~オ!」というおなじみのコール&レスポンスを展開したレキシ(Photo by 岸田哲平) (C)SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2017

8月25日~27日の3日間、山梨・山中湖交流プラザ きららにて開催された野外ロックフェスティバル「SWEET LOVE SHOWER 2017」。8月27日に行われた三日目前半のライブの模様をリポートする。

【写真を見る】SHISHAMOのライブでは、観客が一斉にタオルを回す圧巻の光景が!(Photo by 上山陽介)

■ SHISHAMO

この日のLAKESIDE STAGE、トップバッターはSHISHAMO。まずはダッシュで現れた吉川美冴貴(Dr)がバンドのタオルを掲げる中、松岡彩(Ba)、宮崎朝子(Vo/Gt)の順でステージに登場。

そして、宮崎の「ラブシャ! ラブシャ女! ラブシャ男! ラブシャ全員! LAKESIDE STAGE一発目やらせていただきます! 最後までよろしくお願いします!」という言葉から「好き好き!」で幕開け。続く「量産型彼氏」では、スクリーンを3分割して、メンバーそれぞれの表情が同時に映し出されるという演出も。

MCでは、観客からの「朝子~!」という歓声に、宮崎が「朝子ちゃん、な?」と冷静にツッコみ笑わせる。さらに、「スイートラブ?」という唐突なフリに観客が「シャワー!」と返すと、宮崎は「みんな臨機応変にやってくれるんだな」と、観客の対応力に驚く場面も。

その後も宮崎は、サングラスをかけた子供を見かけて「生意気に~」とこぼしたり、観客の起床時間を尋ねるくだりで「寝てない」と答えた人に「バカだな。心配だわ。帽子とかで守った方がいいよ」と投げやりに返したりと、持ち前の毒舌ぶりを遺憾なく発揮し、観客を喜ばせていた。

そこから「ラブシャで晴れるって素晴らしいね。あたしたちも1日楽しもうと思ってるんで、最後まで楽しんで!」(宮崎)と語りかけ、新曲「BYE BYE」へ。スクリーンの映像がモノクロに切り替わるなど、彼女たちの楽曲でもひときわロック色の強いナンバーをクールに盛り立てていく。

そして、松岡の「次の曲はタオルを回したいと思います! サビで回してもらえれば。ぜひ元気に回してくだされば!」という呼び掛けから、ライブの定番曲「タオル」を披露。

スクリーンでは、宮崎のイラストでタオルを持っていた方が楽しいことをアピール。サビでフロア一面タオルが回る圧巻の光景を作り出した後は、「持ってない人は物販コーナーまで~♪」というおなじみのフレーズで、スムーズにグッズ売り場へ誘導した。

間髪入れずに「君と夏フェス」へ。8月末の開催ということもあり、まさにことしの“夏フェス”の締めくくりとなるこの舞台にハマり過ぎるナンバーで、観客を大いに沸かせていった。

ラストは「次の曲が最後になります。今日は最後まで体調に気を付けて楽しんでください!」(宮崎)という言葉と共に、「明日も」でライブ終了。みずみずしいパフォーマンスで、朝から詰め掛けた観客たちに元気を注入した。

■ GLIM SPANKY

真っ昼間のMt.FUJI STAGEにやってきたのはGLIM SPANKY。アシッドフォーク的なSEに乗せて松尾レミ(Vo/Gt)、亀本寛貴(Gt)らメンバーが登場し、ライブは「アイスタンドアローン」でスタート。サザンロック的なテイストを盛り込んだ骨太なロックナンバーで、晴天に恵まれ暑くなり始めたステージをゆったりと乗せていく。

続く「褒めろよ」では、サビで多くの観客が一斉に腕を振り上げていく。「闇に目を凝らせば」では、先ほどのアッパーなロックサウンドから、再び70年代ロック的な落ち着いた雰囲気に。亀本のブルージーなギターソロもさえ渡り、濃厚なロックサウンドに観客はじっくりと聴き入っていた。

その後、バンドメンバーによるセッションタイムに突入すると、亀本がThe White Stripes「Seven Nation Army」のリフを爪弾いてみせる場面も。そこから「いざメキシコへ」へなだれ込み、シンプルながらもルードな佇まいで観客を沸かせた。

疾走感あふれる「怒りをくれよ」では、再び観客が腕を振り上げ盛り上がっていく。「美しい棘」では、アメリカのバンドのようなフォーキーなロックサウンドと、松尾の伸びやかな歌声が響き渡り、芳醇な演奏がステージを包み込んだ。

最後の曲を前に、松尾は「あらためましてこんにちは。ラブシャはことしで3回連続出させてもらって。このステージでやるのは2回目なんだけど、前やった時はオープニングアクトであんまりお客さんいなくて。たくさん来てくれてありがたかったです」と、詰め掛けた多くの観客へ感謝を。

そして、「周りの大人にも『バンドやめて早く大人になりなさい』って言われてきて。『夢ばっかり見て』みたいなことを言ってくる人たちが『大人になれ』って言うんですね。

好きなものは好きなまま年を取っていきたいし、そういう人の心をこじ開けるつもりで歌っていかないとなと思って作った曲を最後にやります」(松尾)という言葉から、ラストは「大人になったら」。誰もが抱く大人になることへの葛藤をエモーショナルに歌い上げ、ライブを締めくくった。

■ きゃりーぱみゅぱみゅ

LAKESIDE STAGEではきゃりーぱみゅぱみゅのライブがスタート。「IYAHOI OP Edit」をSEに登場したきゃりーは、ステージ後方のお立ち台でばっちりポーズを決めた後、「踊る準備は出来てるか~!」という言葉から、オープニングナンバー「インベーダーインベーダー」を。この日は4匹のキョンシーを従えてパフォーマンスする。

続く「きらきらキラー」では、「L・U・C・K!」というきゃりーのコールに、観客が「Oi! Oi!」と返していく場面が。「タオル回せ~!」というアピールには、観客だけでなくキョンシーも一斉にタオルを回していく。

MCでは、「元気ですか! 盛り上がってますか! ステージに遊びに来てくれてありがとうございます! 晴れてる~! (このフェスは)雨の日が多いんですけど、いいフェス日和になってると思います」と、晴天に恵まれたことを喜ぶ。

そこから、自身の番組「きゃりーぱみゅぱみゅの“なんだこれTV”」(スペースシャワーTV)とコラボしたフードメニュー“なんだこれーめん”について紹介。「これみんな食べてくれたら、今日(打ち上げで)盛大に焼肉食べれるんで買って下さい(笑)」と、まさかの本音を明かし観客を笑わせた。

彼女の名を一躍知らしめた「つけまつける」の後、「ここからノンストップで行くけど大丈夫か~! 飛び跳ねる準備できてるか~!」とあおりながら「CANDY CANDY -Remix Short-」へ。そこからメドレー的に「PON PON PON -Extended Mix-」へなだれ込む。

初期の楽曲をリミックスし、新たな魅力を生み出したナンバーの連続に、観客からは大歓声が。きゃりーも「いい感じ!」と観客の盛り上がりに賛辞を送りつつ、「クラップユアハンズ!」と手拍子要求するなど、率先して盛り上げていく。

キョンシーたちによるフリースタイルダンスを挟んで披露したのは「にんじゃりばんばん -Extended Mix-」。「ジャンプ! ジャンプ!」というきゃりーの掛け声に合わせて観客が一斉に飛び跳ね、フロアを存分に揺らしてみせた。

そして、「最後の曲では、皆さんにやってほしいことがあるんですけど」と、きゃりーがサビの振り付けをレクチャー。そして「山梨でいやほいできんのか!」という言葉から、ラストは「原宿いやほい」。キラーチューンの連発で、詰め掛けた観客を最後まで踊らせていった。

■ Cocco

Mt.FUJI STAGEには、あの歌姫を一目見ようと多くの観客の姿が。バンドメンバーに続いて花束を持ったCoccoが登場し、1曲目から名曲「強く儚い者たち」を披露すると、観客からは大きな歓声が。デビュー20周年を迎えてなお、衰え知らずの圧巻の歌い回しに、観客も固唾(かたず)をのんで聴き入っていく。

歌い終えるとCoccoはひざまずいて一礼し、観客へ感謝を示していく。続く「Raining」では、アコースティックギターとキーボードを伴奏にした歌い出しから、穏やかなバンドサウンドへと展開。彼女の神々しい歌を受けてか、雲に隠れていた富士山も顔をのぞかせる。

そんな富士山を臨むこのロケーションにこの上なく映える「樹海の糸」では、Coccoの伸びやかな歌声が爽やかな風を運んでくる。楽曲の爽やかさと相まって、この日の暑さを忘れさせてくれる。

「愛うらら」後のMCで、Coccoは「あ、こんにちはございます。Coccoです。ことし、ことし?っていうか、今までの歌手人生で一番風が気持ちいいです。ありがとう」とあいさつ。言葉は少ないながらも、その分歌で冗舌に語りかけていく。

そんな中、「Way Out」では、先ほどまでとは一転してハードロック的な重いサウンドを展開。Coccoの絶叫も飛び出し、彼女の“ダークサイド”が表出するよう。このシリアスな音像もまたCoccoの表現の本質なのだが、そのギャップに観客もなかばぼうぜんと聴き入っていた。

最後に披露したのは「音速パンチ」。この日一番ノリの良いナンバーで観客を揺らせたCoccoは、演奏の最後でバンドメンバーを手短に紹介。全員で整列して一礼すると、さっそうとステージを後にした。

■ レキシ

のぼり旗がいくつも立ち並ぶステージに、合戦の合図のようなほら貝の音が鳴り響く中、レキシはいるかの浮き輪を持って駆け込んでくる。「イエーイ! SWEET LOVE SHOWER! いるかの曲いくよ~!」という言葉から、ライブは「KMTR645」でスタート。

自身が客席に投げ込んだいるかの状態を見ていたレキシは、「あっちにかたまりすぎやろいるか! 海に帰してあげて!」と呼び掛け、早速観客を笑わせていく。

さらに、「このまま続けて、家督を譲っていこうか!」と、80年代AORのテイストを感じさせる「KATOKU」へ。「拳を高く上げろ! 拳をダサく上げろ!」と観客をあおっていたレキシは、しっかりと反応した観客に「いいよラブシャ! ダサいよラブシャ!」と満足げな様子。

「こんなにポンポン曲やっていいのか? じゃあ、十二単を着て、平安時代、そして、紫式部に行ってみよう!」と告げて披露した「SHIKIBU」では、真夏にもかかわらず実際にレキシが十二単を着て熱唱する。

MCでは、「あらためまして、ケビン・コスナーです! 何でもかんでもイエーイ!って言っておまえら(笑)。ラブシャ楽しんでますか! 何と言っても、今日、晴れたよ! 毎年アウェーだったよ。稲穂振って、田植えだ田植えだって」と、自身のライブでおなじみとなった光景を自虐的に語る。

続けて「本当に年々稲穂が増えてますね。うれしそうな顔してバカじゃないの? 稲穂じゃないやついるし。大事そうに稲穂握りしめてよ~。『稲穂をしっかり、握りしめて~ゆっくり、ゆっくり、下ってく~♪』ってか?」と、この日大トリを務めるあのアーティストの曲をもじって笑いを誘う。

そして「レキシはもう下り坂ですので、目に焼き付けて帰って下さい!(笑) 縄文土器、弥生土器、どっちが好き?」と、お待ちかねの「狩りから稲作へ」へ。多くの観客がオフィシャルグッズである稲穂を振りながら盛り上がっていく。

曲中レキシは「みんなが無駄に買った稲穂を無駄にしないためにも、みんなで振っていきましょうか。いつも言うけど、持ってないことは恥ずかしくないからね? 持ってる方が恥ずかしいからね? これも何度も言ってるけど、何度見ても異様な光景です」と、観客を容赦なくいじっていく。

そこから、レキシと観客がさまざまなコール&レスポンスを展開。「みんなすげえな、結構できるな。稲穂シャワーヤベえな。『稲穂シャワーに打たれて~♪』って。干されます(笑)」と、今度は久保田利伸の某曲を引き合いに出す場面も。

「干されついでにやりますか? 『稲穂をいっぱい握りしめて~ゆっくり、ゆっくり、くだってく~♪』。怒られるよ。レキシ今日で見納めだと思ってください。決して馬鹿にしてませんから!」と言いつつも、タンバリンを打ち鳴らしながら再びあの曲を口ずさんだレキシ。その後も観客とのコール&レスポンスを存分に楽しんだ。

ライブの盛り上がりのピークとなるこの曲で、一気に時間を使ってしまったレキシは、「あと2曲やりますか? やりませんよ。『楽屋の前がキョンシーだらけ』って曲をやります! 違う違う、キョンシーの曲じゃないよ、武士の曲をやるよ!」と、ラストにあの曲をやることを宣言。

続けて「昨年はオシャレキシ(上原ひろみ)の助っ人として出て、ことしで多分(出演は)最後になると思いますが。スゴい勢いで下っていくと思うんで…」と、満員の観客を前になぜか再び下り坂であることをアピールする。

そして、「ラブシャが、好き~♪」とあのメロディーに乗せて歌い出すも、子供の声が気になったレキシは「子供勝手に喋らないで?(笑) 今いいとこだったのに。勝手に先歌わないで? おまえを養子にしてやろうか?」と語り掛け、観客の爆笑をさらった。

ラストは「きらきら武士」。アップテンポでノリのいいナンバーで、最後まで大盛り上がりのうちに終了。レキシの巧みな話術と、それをもり立てるバンドメンバーの確かな演奏力で、終始笑顔の耐えないライブとなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
The Wisely Brothers、メジャーデビュー! 1stアルバム発売決定!!
井上陽水、自身が作詞した「安全地帯」の名曲の秘話を明かす
BoA 全国ツアー開催&9thアルバムリリース決定
LOVEBITES、初単独公演で超満員のオーディエンスを前に圧巻のパフォーマンス
BOOWY“GIGS”12月にTV初放送
  • このエントリーをはてなブックマークに追加