地に堕ちた「日本製」ブランドの信頼。日本人なら怒る権利がある

地に堕ちた「日本製」ブランドの信頼。日本人なら怒る権利がある

  • まぐまぐニュース!
  • 更新日:2019/01/15
No image

スバル、日産と続いた燃費データの偽装、神戸製鋼の鋼材品質偽装、そして東洋ゴムの免震偽装発覚から数年経ってのYKBと川金によるオイルダンパーの試験データ偽装と、日本企業による「偽装」が次々に発覚しています。メルマガ『8人ばなし』の著者・山崎勝義さんは、「わざとことを大きくして発表していないか?」と、穿って見るのも仕方ない事態に陥っていると訴えます。堕ちてしまった日本企業の信頼を取り戻すために必要なものは何なのでしょうか?

日本企業による偽装のこと

昔、国産、即ちmade in Japanと言えば、信頼を証するものであった。だから、多少値が張ったとしても、電気や機械系の物は国産メーカー品を購入していた。この信頼が国外にも広がって行き、技術立国日本が生まれた。

しかしここ数年、その信頼を裏切るような行為が多発している。重要産業においては、まず自動車メーカーが燃費データを偽装した。続いて鋼材、そして今度は免震装置である。

本来こういった卑怯な嘘がつかれる事情としては、その分野における二流企業がとにかく自社のシェアを伸張するためとか、あるいは三流企業が倒産を免れるためなどであった。言ってみれば、苦し紛れである。

ところが最近の事件はこういったものとは質が違う。どれもその分野における一流企業が起こしているのである。勿論、御家が大きくなればなるほど醜聞は隠したくなるものではあるだろう。しかし仮にも上場企業である以上は、社会に対して責任というものがある。責任は全うせず、権利は主張する。これを悪質と呼ばずして何と呼ぶか。

さらに穿った見方をすれば(こうも偽装事件が続くと、こういった見方も仕方なかろう)、わざとことを大きくして発表しているような気さえするのだ。

説明するとこうである。不正が長期間、広範囲に及ぶと、関係者があまりに多くなり過ぎて責任の所在が分からなくなる。いつ、誰が、どのように始めたのか特定できなくなるのである。よってその罪は少数に重く集中せず、多数に軽く分散する。どうせ無責任の誹りを受けるのならどこまでもといった開き直りである。

また、今さらどうにもならないというレベルにまで問題が大きくなると、今すぐにどうこうできるものではないということが誰の目からも分かるから糾弾の鋭さは結果鈍くならざるを得なくなる。諦めという心理の狡猾なる利用である。

しかし、一度損なわれた信頼はそうは簡単には取り戻せない。不正企業の最大の罪は「日本製」という信頼のブランドに瑕疵を付けたことである。これには日本人なら誰でも怒っていい筈である。それが私憤であっても公憤であっても日本人なら正当な権利であろう。

かつて、アメ車がやたらと故障していた時代、日本車は中古になっても壊れることはなかった。また、中国製や韓国製の電化製品がその信頼性において日本の製品を凌ぐことはなかった。そのブランドパワーが地に落ちたのである。これは大ごとである。技術立国から信頼に足る技術がなくなれば国は立っては行けないからである。

改めて思う。「正直者が馬鹿を見る」ことの恐さのあまり「馬鹿正直」でいられないというのは精神力の劣化である。今、日本に真に必要なのは、国際競争の直中にあって猶「馬鹿正直」で居続けられる胆力なのではないだろうか。

image by:shutterstock.com

MAG2 NEWS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
路上ミュージシャンのCDを買って目の前で踏みつける男性が物議!「違法路上ライブを撲滅したい」
Hカップグラドル清水あいり、男を惑わす”関西弁あいうえお”の破壊力
ヒカキン、紹介したセブン商品が爆売れで高額転売 「転売容認」発言に残念の声も
中居正広、食後のタバコで店員に怒鳴られた... 「思わぬ理由」に反響相次ぐ
娘の命名に頑なにこだわる夫 その理由に「絶対にやめてあげて」と衝撃走る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加