最新ランキングをチェックしよう
公募でやって来た演芸ホールの看板猫 仕事は客引きとネズミ捕り

公募でやって来た演芸ホールの看板猫 仕事は客引きとネズミ捕り

  • sippo
  • 更新日:2018/09/07

昭和にタイムスリップしたようなレトロな雰囲気の浅草演芸ホール館内。閉館後の夜はジロリが支配人のごとく館内をパトロールする

 明治時代から続く伝統を持つ浅草演芸ホール(東京都台東区)は、落語を中心に漫才やマジック、講談などさまざまな演芸を楽しめる笑いの殿堂。この浅草の人気スポットを訪れる落語ファンが、ひそかにお目当てにしている人気者が、ジロリだ。
 普段は切符売り場、通称「テケツ」の丸い小窓から

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
清水富美加との結婚を断ると「地獄に堕ちる」!? 総裁長男が幸福の科学からの嫌がらせ暴露
自宅で裸エプロン接待するMEGUMI?降谷建志は美女と逢瀬【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】
フランス人の評価、日本の駅弁は「手が込んでいた」、中国の駅弁は・・・=中国メディア
アレルギーについてわかってきた「常識を覆す意外な事実」
日本で暮らす中国人が増加している理由、それは「メンツ」を気にしないで済むから!=中国
  • このエントリーをはてなブックマークに追加