最新ランキングをチェックしよう
【蹴球日本を考える】鹿島での一戦はJリーグの宣伝になったのか?

【蹴球日本を考える】鹿島での一戦はJリーグの宣伝になったのか?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2016/11/30

浦和が先勝したチャンピオンシップ決勝第1戦は、日本一を決める試合としては物足りないものだった。
 
 いい試合にならなかったのは、挑戦者である鹿島がいいところを出せなかったからだ。
 
 第1ステージを制した時の鹿島は、両サイドからの崩しが脅威になっていた。2、3人が敵の懐を執拗にかき回すようにしてサイド奥深くに侵入し、巧みにゴールを陥れる。だが、この夜は右の遠藤、左の中村が働けず、いい形がほとん

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2010年以来のJ1昇格を狙う京都が新体制発表! 闘莉王は4番、U-19日本代表FW岩崎は13番
一時は“余命5年”の宣告、両足を日本サッカー界に捧げた木之本興三氏が死去
木之本興三氏死去 68歳、Jリーグ生みの親「命懸けでつくった男」
川淵三郎氏「心から敬意と感謝を」木之本興三氏悼む
Jリーグ発足に尽力 木之本興三氏 死去 68歳
  • このエントリーをはてなブックマークに追加