B.LEAGUEのオトコマエを探せ!大阪エヴェッサ・木下博之選手

B.LEAGUEのオトコマエを探せ!大阪エヴェッサ・木下博之選手

  • @DIME
  • 更新日:2017/08/11

1年目から大いに盛り上がった日本の男子プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」。迫力のあるプレーで多くのファンを魅了しているが、DIME編集部では、B.LEAGUEで活躍中の人気選手の中から、特に注目すべきオトコマエな選手をリレー形式で紹介していく。第2回は、大阪エヴェッサの木下博之選手が登場。ふだんの私生活、ハマっているものについて、赤裸々に語っていただきます!

【第2回】木下博之選手(大阪エヴェッサ所属)

No image

<プロフィール>
B.LEAGUEでも1、2位を争う若さの大阪で精神的支柱ともなる日本代表経験を持つベテランPG。ゲームメイクはもちろん、ここぞ!という場面でシュート力を活かして勝利に導く勝負強さを持つ。ポジションはPG。身長178cm、体重72kg。1980年2月18日生まれの37歳。

はじめまして、大阪エヴェッサの木下博之です。B.LEAGUEの開幕シーズンが終わって、オフに入りましたが、リフレッシュしながら、来季へ向けてコンディションを整えているところです。さて、今回紹介するのは、僕の「落ち着く場所」と「ライバル」、ではないのですが、意識を高めあえる選手たちについてです。7年前の“僕ら”もぜひご覧ください!

■僕が一番落ち着く場所

No image

僕が一番落ち着く、お気に入りのスポットは、ズバリ「街の湯治場 上方温泉 一休」です。練習場に一番近いスーパー銭湯で、練習が終わって近くで行きたいときには利用します。僕が銭湯に行く理由はというと“一人になれる空間”だから。練習のこと、試合のこと、「この時こうすればいいかな」など、自分に向き合って、考えられる時間を持つことができる空間です。また、気に入っている塩サウナで「塩サウナ⇔水風呂」のローテーションで疲労回復もできるということでも気に入っています。最近は若手(選手)たちも、よく行っているようで「お前ら、そんなに行ってたのか!?」というぐらい、チームメイトも通っているようです。

No image

「ライバル選手」というのは、明確にはいないのですが、同世代の選手は意識します。自分より年上のB1の選手は、折茂武彦選手だけですが、頑張っている姿を見ると「負けてられへん!」と気持ちが奮い起こされます。普段、連絡を取り合う間柄ではないですが、“見えない絆”があると思っています。

上の写真は、JBLの2010-11シーズンのオフィシャルガイドブックで司令塔対談をやった時の写真です。4人とも初々しいですね(笑)。1つ下の田臥(勇太選手)、五十嵐(圭選手)、2つ下の柏木(真介選手)はみな、現役で頑張っています。若い世代の突き上げがある中で、おじさん世代もやってやる!という思いで、これからも頑張っていきたいと思います。

日本男子バスケットボール界の最高峰B.LEAGUEの開幕シーズンが終わりましたが、この舞台に立ち続けられたことは、自分の中でも感慨深いものです。バスケットボールを見たことのない人たちにも観てもらえる機会が増えましたし、満員のアリーナでプレーできるのは選手としても最高にうれしいことです。

チームは、昨季、最後に悔しい結果に終わりましたが、来季へ向けてこのリベンジをしっかりと果たしますので、ぜひ、大阪エヴェッサの試合へお越しください。9月1日〜3日にエディオンアリーナ大阪で行なわれる「KANSAI EARLY CUP」でお待ちしております!試合日程はHPでチェックしてみてください!

■関連情報
https://www.evessa.com/team/
https://www.evessa.com/roster/hiroyuki_kinoshita.html

文/木下博之

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
PK戦の末に激闘を制す! EXILE CUP 2017 北海道大会の勝者はFelire Fc U−12!
監督交代にジーコ氏が持論「監督で勝つわけではない」
[adidas Cup大阪]諦めない姿勢、ボール追い続けた帝京大可児MF坂梨がもう一人の“MVP”に
欧州再挑戦の松井大輔、引退表明の石川直宏。岐路に立つ81年組の現在地【「谷間の世代」と呼ばれて】
戦う姿勢が見えないU-18日本代表。U-20W杯の連続出場が危うい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加