夜空を見上げて、県庁前で乾杯! 群馬県の初イベントが大盛況

夜空を見上げて、県庁前で乾杯! 群馬県の初イベントが大盛況

  • Jタウンネット
  • 更新日:2017/08/11

「芝生に腰を下ろし、夜空を見上げながら乾杯しましょう!」。群馬県庁(前橋市)前の「県民広場」で、こう銘打った珍しいナイトイベントが初めて行われた。

「家族連れから、県庁周辺にお勤めの方や近所のお年寄りまで、会場に来られていました。『おしゃれでいい』と評価もしていただきました」

2017年8月9日夕開催のこのイベントを企画した1人の群馬県商政課係長の宮下智さん(45)は、Jタウンネットの取材に対し、こう語った。

1000人以上が参加し、芝生に寝転んだりして楽しむ

No image

県庁前広場で行われたイベント(以下、群馬県提供、(株)Kiraba撮影)

イベントは、「県庁前ナイトマルシェ」と名付けられ、この日の17~20時にキャンドルを灯して行われた。芝生(GREEN)に集まり、それぞれ思い思いに根(base)を張って、のんびり夏の長い夜を楽しむという趣旨から、「base on the GREEN」とも名付けられている。

No image

イベントは、普段あまり使われていない公共空間を有効活用する社会実験の1つとして、県庁の若手職員6人が民間の街づくりグループの協力を得て企画した。入場無料で、子供も参加可能にした。

当日は、ワゴン車やテントによる屋台が10店ほど出店し、パスタやお酒などの食事から肩こりエクササイズ、キーホルダー作りといったコーナーまであった。また、県内のシンガーソングライターら5人がギター生演奏なども次々に披露した。イベントには、1000人以上が参加し、広がる芝生の上にレジャーシートを敷き、寝転んだり、星空を見上げたりして、思い思いに過ごしていた。

「こんな機会が無いと、県庁なんて訪れない」

参加者がイベントを楽しむ様子は、ツイッター上で次々に投稿されている。

県商政課によると、参加者からは、キャンドルを灯したイベントについて「素敵で雰囲気がいい」といった声が寄せられた。また、音楽の生演奏が次々に行われたことから、「ずっと聴いて、そこにいたい」と感激する人もいた。

「県庁前で空を見上げながらビールを飲んで、『最高の気分』といった声もありました。県庁前では、芝生広場があるのは珍しく、ナイトイベントもほかではあまり聞いたことがないですね」(宮下智さん)

名前は「県民広場」となっているものの、普段は、犬の散歩で近所の人が来たり、小学校の社会科見学で昼に弁当を食べたり、といったぐらいにしか使われていないそうだ。

18年以降もイベントを行うかについては、未定だという。今回は、予算ゼロで行い、出店料も取っていないというが、もし次回行うとすれば、出店料を取るなどして歳入増につなげたいとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
前代未聞!KANA-BOON、ラジオ番組放送中にスタジオ生ライブにて新曲3曲をオンエア解禁
氷川きよし、シングル「男の絶唱」新形態3タイプを9月リリース!和装ビジュアルで楽曲に込められた決意を表現
声優・内田真礼、6thシングル「c.o.s.m.o.s」を10/25発売! 試聴動画も公開
『君の名は。』DVD、ポニョ以来8年ぶり4週連続1位 アニメ映画好調続く
【連載】第18回 ホタバンのファミリアルミルキーウェイ ~ホタルライトヒルズバンド藤田リュウジの連載コラム~
  • このエントリーをはてなブックマークに追加