損保ジャパン、ドローンの空中権シェアリング向け保険

損保ジャパン、ドローンの空中権シェアリング向け保険

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/06/07
No image

損害保険ジャパン日本興亜(以下、損保ジャパン日本興亜)は7日、ドローンの空中権シェアリングサービスを行うトルビズオンとともに対応する損害保険制度を7月から開始することを発表した。

トルビズオンが展開する空中権シェアリングサービス「sora:share」は、プラットフォームに登録した土地所有者とドローンユーザーをマッチングし合意を担保、安心したドローン飛行を支援するもの。土地所有者は民法にある空中権を持つため、これをシェアすることで対価を得られ、ドローン所有者は明確な合意を得てドローンを飛ばせるという枠組みだ。

発表された「sora:share保険制度」は、対象者が他人のケガ、財物損壊などドローンの所有、使用、管理に基づく事故による損害責任を1億円を限度に保険金で支払うものでプランは個人、事業者をカバーし、ホビー、業務と使用用途や補償対象者などの区分で3種類が用意される。

飛行行為という安全性が強く求められる分野であるがため、法制度や規則との整合性で簡単には行かないドローン活用だが、同社はドローンの利活用に関する新たなサービスを積極的に支援していくことで、安心・安全なドローン産業の発展に貢献してく旨を述べている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
アナウンサーが「Samsung端末で送信」まで読み上げる痛恨ミス~政治介入疑う声も
闇営業よりヤバい!田口淳之介の供述で「お笑い界の超大物」が逮捕間近!?
ザ・クロマニヨンズ、8月28日にシングル「クレーンゲーム」発売
MV史に燦然と輝く超名作! a-ha「テイク・オン・ミー」の“10億回視聴”達成の「正確な日時」を予想するコンテストが話題に
「プライドの高い男性」に共通する5つの特徴
  • このエントリーをはてなブックマークに追加