動く年賀状が作れる!?スマホで撮った動画をプリントできる世界初のプリンター『Lifeprint』

動く年賀状が作れる!?スマホで撮った動画をプリントできる世界初のプリンター『Lifeprint』

  • @DIME
  • 更新日:2017/12/06
No image

スマホで撮影した動画の一コマをプリントアウトし、その写真にスマホをかざすと動画が見られる。そんな不思議な写真をプリントできるモバイルプリンターが登場した。結婚式や子どもの成長記録、そして年賀状などで活用すれば、新しい楽しさが生まれる。その技術や活用法をみてみよう。

■スマホをかざすと動き出す

No image

スマホで写真を撮るのは日常茶飯事だが、このほど増えているのがスマホによる動画撮影である。

マイボイスコムが行った「スマートフォンのカメラ機能の利用に関するアンケート調査」によると、直近1年間でスマホで動画を撮った人は2015年の時点では全体の2割強だったが、2017年には全体の3割強に増えている。

ただ、結婚式や子どもの行事などのシーンは動画だけでなく写真としてプリントし、形として残しておきたいこともあるのではないだろうか。しかし動画は写真のように印刷できず、容量が大きくなりがちで共有しにくい印象がある。

そんなときに、スマホで撮った動画をプリントできる世界初のプリンター「Lifeprint(ライフプリント)」が活用できそうだ。プリントアウトした写真をスマホアプリでかざして見ると動画が現れるという。

No image

Lifeprint

■AR技術とは

このLifeprintでプリントできる写真を「Hyperphoto」と呼び、「AR技術」が活用されている。

ARとは「Augmented Reality(拡張現実)」のこと。コンピューターを用いて現実世界を拡張して見せる技術をAR技術と呼ぶ。QRコードなどの「マーカー」をコンピューターに接続されたカメラが読み取り、その読み取った情報をコンピューターが解析してディスプレイ上に合成して表示する。何かの情報を重ね合わせることで現実世界を拡張させ、新たな世界を見せたり、追加情報を掲示したりすることができる。

中には、風景そのものをマーカーとするARもある。例えば、観光地の城跡でスマホカメラなどをかざすと、そのスマホ上に映し出された風景の中に城が再現されて表示されるというものだ。

このように、AR技術は我々に新たな情報与えてくれると同時に、より面白い体験を提供してくれる。そのARを身近なスマホ撮影写真で実現できるのがLifeprintである。

No image

Lifeprint正規代理店である株式会社FOX取締役副社長の庄子雄太さんは、LifeprintのAR技術について次のように話す。

「Lifeprintでは画像自体をマーカー化し、動画と紐付けることが可能です。従来のQRコードなどを使った読み込みとは異なり、スマホにインストールした専用アプリを使って写真にかざして見るだけで、その写真自体が動き出します。『ハリー・ポッター』に出てくる『動き出す新聞』にインスパイアされたこともあり、“直感的な使用感”と“そのまま動き出す”という部分にはかなりこだわっています」

■動く年賀状も!動画プリントの活用法

この動画プリントは、どんな新しい楽しみ方を提供してくれるのだろうか。庄子さんにその活用法を具体的に教えてもらった。

●部屋に飾る・手帳に貼る

「スマホで撮りためた子どもやペットの写真と動画を紐付けてアプリで覗けば、そのときの思い出が動画で流れ出す写真になります。部屋に飾ったり、フォトシールになっているので手帳に貼ったりすることができるので、時々スマホをかざして見ることができます」

●年賀状・グリーティングカードとして送る

No image

「『アプリで見ると動きます』という説明を添えて年賀状やグリーティングカードに貼り付ければ、『ビデオレター』をはがきで送ることも可能です」

●結婚式のウェルカムボード写真として

No image

「結婚式では、写真撮影後にすぐプリントできるカメラで撮った写真にメッセージを添えてウェルカムボードに貼り付けるのが定番になっていますよね。そんなとき、写真とメッセージという従来の表現に加え、動画をのせることでちょっとしたサプライズにもなりますし、お祝いの気持ちを盛り上げることもできます」

●アプリのSNS機能で共有する

「専用アプリにはSNS機能も入っており、Lifeprintユーザー同士で、動く写真(Hyperphoto)に『いいね!』やコメント付け、共有、プリントなどを行うことができます。年賀状などに使用した場合は、動く映像を見た感想を即座に『いいね!』やコメントで返すなどのオフラインとオンラインをつなぐコミュニケーションも可能です」

子どもの成長やイベントの思い出をリアルに動画で残して見ることができたり、結婚式をより盛り上げることができたり、年賀状がビデオレターになったりと、その活用用途を挙げればきりがない。早速、『動く年賀状』からはじめてみるのもよさそうだ。

取材協力
株式会社FOX
取締役副社長 庄子 雄太さん

caseplay公式サイトhttps://caseplay.jp/

Lifeprint公式サイトhttp://lifeprintphotos.jp/

取材・文/石原亜香利

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スマホ全盛の今だからこそ、防水防塵耐衝撃仕様のガラケーがアツい!
1ビットコインあれば何が買えるのか一発でわかるサイト「How Much is a Bitcoin Worth?」
先週のサイバー事件簿 - ディズニーと楽天のフィッシングメール急増中
姉から送られてきた、3Dプリンターで作った精巧な「トヨタのエンジン」の動画が話題に!
日本の町工場が開発した超高精度ハンドスピナーがMakuakeに登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加