「ツバメの新生活」に見る季節の変化

「ツバメの新生活」に見る季節の変化

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2017/04/21

まあちゃんさん(三重県松阪市)

No image

2017/04/21 19:19 ウェザーニュース

「巣材を集めたり、餌を探したり…。忙しそうです」日本で見られるツバメの多くは、冬の間、東南アジアやオーストラリア北部の暖かい所で過ごし、春になると日本へ渡ってきます。フワフワの羽毛に包まれ、小さな体で精一杯胸を張っているような姿が何とも可愛らしいツバメ達。今年も早い個体は、もう2月から見られていたようですが、本格的に見られ始めたのは西日本では3月から、東日本や東北では4月に入ってからです。

はるばる来たぜ(3月25日)

No image

ハロタクさん(香川県高松市会社のツバメ)

「まだ1羽しか帰ってきてませんちょっと、ミスターロンリー風な眼差しでした」全国の皆さんのウェザーリポートを見ても、3月は長い旅の後、ツバメ達は日本で一人(一羽?)ぼっちだったようですが…

ボーイミーツガール(4月20日)

No image

ピエールさん(長野県飯田市)

「今朝のツバメさん達 仲良く並んで 日向ぼっこかな… ପ(⑅ˊᵕˋ⑅)ଓପ(⑅ˊᵕˋ⑅)ଓ」

せっせと巣作り(4月21日)

No image

Nobbyさん(静岡県浜松市)

「曇り空の金曜日、週末はどうかな〈ツバメ通信〉本格的にリフォーム開始」4月中旬になって、二羽で並んでいる様子や、せっせと巣作りに励む姿が報告されるようになってきました。小さな動物たちの生活に季節の変化が表れます。この先、夏にかけて、巣が完成し、卵を温め、雛を養い、雛が巣立つ姿が見られていくはずです。ツバメの生長が楽しみですね(^^)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ハスキー、またお前かシリーズ。散歩を止めると動力スイッチが切れるシステムが内蔵されているようだ。
ペットを飼うならだんぜんインコ! 小さくても命を救ってくれるほどの賢さ
散歩が終わるのを嫌がり引きずられる犬。しかしまた散歩に行くフリをした瞬間、、笑
満員電車に置き去りにされたニワトリ...想定外の忘れ物に鉄道関係者も困惑!
威嚇のポーズで迫る猫。しかしほっこりな展開が待っていた^ ^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加