ウッズが好き...スター復活後押しした半端ない人の波

ウッズが好き...スター復活後押しした半端ない人の波

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2019/04/15
No image

1番ホールで大勢のギャラリーに見守られながら2打目へ向かうタイガー・ウッズ(ロイター)

<米男子ゴルフ:マスターズ>◇最終日◇14日◇ジョージア州オーガスタ・ナショナルGC(7475ヤード、パー72)◇賞金総額1150万ドル(約12億6500万円)◇優勝207万ドル(約2億2770万円)

タイガー・ウッズ(43=米国)が完全復活した。2位から出て6バーディー、4ボギーの70で回り、通算13アンダー275。11年ぶりのメジャー制覇、05年以来5度目の大会Vを果たした。

◇   ◇   ◇

ウッズが見えない-。最終日の1番ホール、ウッズのスタート。ごった返すまさに人、人、人。本人にまったく近づくことができなかった。

裏側には18番のグリーンがあり、いつもならこっちの方に多くのパトロンが陣取っているはずだが、その時だけはガラガラ。それでもフィニッシュした選手はすべてを理解している。そう、ウッズがそこにいるから仕方ないと。ラウンドに付いて行かなくても大歓声が沸き起こるため、ウッズがどこにいるかはすぐに分かる。

冬季オリンピック(五輪)をはじめ数々の取材現場を経験してきたが、そこまでの選手は、そうはいなかった。

すれ違う誰もが「タイガーは…」と、なにやら話をしている。もちろん18番ホールは何重にも人垣ができ、姿を確認することはできなかった。会見場も人であふれかえり、記者でなく、そこで働く関係者らも持ち場を離れて生の姿を見にきたほど。純粋にみんなウッズが好きなんだ。会場すべてがウッズ一色に染まり、完全復活劇を後押しした。【松末守司】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
天本遥香が初出場権「強くなって」全米女子日本予選
全米女子OP最終予選 岡山がトップ通過/米女子
吉田優利が全米女子OP出場権「自分のゴルフ貫く」
タイガーカムバックで涙 アメリカ大好き上野菜々子はマスターズTV観戦で好イメージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加