良コスパおつまみの手羽先、払える金額は「5本でワンコイン以下」

良コスパおつまみの手羽先、払える金額は「5本でワンコイン以下」

  • Jタウンネット
  • 更新日:2018/01/12

手羽先から揚げといえば、愛知県を中心に熱く支持されている「名古屋めし」の代表選手だ。パリパリとした食感、スパイスの効いた味は、人気が高い。もちろんコスパの良さも魅力である。

そこでJタウン研究所は「手羽先1人前(5本)に払える金額はいくら?」をテーマに、250円から1200円まで50円刻みで、都道府県別のアンケート調査を行った(総得票数1083、投票期間2017年12月4日~12月25日)。はたして、その結果は――。

400円以上、500円以下......?

全国の平均価格を算出してみると、465円(以下、金額は小数点以下四捨五入)になった。もっとも支持を得たのは、500円(18.3%)。次点は400円(16.6%)、そして350円(12.8%)、300円(11.7%)、450円(10.1%)と続いた。

都道府県別に見てみると、最高価格は千葉県。平均金額が627円となった。徳島(617円)、京都(567円)、北海道(561円)、群馬(561円)と続く。

一方、もっとも金額が低かったのは、沖縄県(350円)。佐賀(325円)、香川(325円)がそれに続いて低かった。

No image

「手羽先1人前(5本)に払える金額はいくら?」調査結果(Jタウンネット調べ)

日本地図に落とし込むと、関東は比較的高く450円以上、関西は400円以上といった傾向が見られる。また東北や信越、北陸はやや低い気がする。が、これといった明確な地域差はない、そんな印象だ。総得票数の約7割(701票)を占める東京都は456円と、全国平均よりやや低かった。

それでは本家本元、愛知県の場合はどうだろう。

愛知県の得票数は26票だった。そのうち35%が400円に投じられている。350円(19%)、450円(11.5%)、500円(11.5%)と、やや低めに集中している。平均448円で26位。全国平均よりも低めの数値が出ていた。

東京456円、愛知448円、全国平均465円。400円から500円まで、どうやらこのあたりが手羽先ゾーン、そう言えるかもしれない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
いまさら"ネット通販"三越伊勢丹の出遅れ
「国民皆保険」崩壊で老後に起きる事態
この10年、日本の大企業で「品質問題」が続発する理由がわかった
〝1kg〟の定義が130年ぶりに改定されるかも?
ダイエー消えてもドムドムは不滅。6年ぶり新規出店で復活目指す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加