手堅い内容も「しゃーないかな」と柏木が割り切った理由

【浦和】手堅い内容も「しゃーないかな」と柏木が割り切った理由

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2016/11/30
No image

11月24日発売号の特集は「J1&J2全40クラブの3大強化ポイント」をお届けします。またクラブダイジェストはJ2優勝で5年ぶりのJ1昇格を果たした札幌です。

No image

内容への不満を口にした柏木だが、2戦合計での勝負となる点を踏まえ「仕方がない」とも述べた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

[JリーグCS決勝] 鹿島 0-1 浦和/11月29日/カシマ

2006年以来、10年ぶりのリーグ制覇を狙う浦和が敵地で先勝した。

ボランチとしてフル出場した柏木陽介は攻守に奔走し、機をうかがいながら積極的に攻撃に絡むと、57分に興梠慎三へのクロスでPKを誘発。一方、激しいチャージで相手の進撃を阻むなど、守備での貢献度も大きかった。

ディフェンス面に関して「相手が球際で強さがあるのを知っていたので、そこだけは負けないように意識した」という柏木は、さらにこう手応えを口にする。

「今日は(ボランチでコンビを組んだ)阿部ちゃんと前に出てパスを回す機会も多かったから、セカンド(ボール)を拾える範囲も増えて、そこで球際で戦いやすい状況を作れた。やっぱり真ん中に人がいる状態がいいかなと。やりやすさを感じました」

一方、攻撃面は「チームとしての良さを出せなかったかな」と振り返る。実際、浦和のシュート数は鹿島の半分以下となる5本にどどまり、ペトロヴィッチ監督も「本来の攻撃の形を出せなかった」と不満を隠さない。

敵地で結果を得たとはいえ、攻撃的な戦いをポリシーとしてきた浦和としては、内容には課題が残る。ただ、柏木はこうも語る。

「2試合しかない状況で勝たないといけないから、それを考えると仕方がないのかなというのもある」

チャンピオンシップで求められるものは、あくまで結果。手堅い内容でも「しゃーないかな」と割り切ったのは、まさにそこが理由だった。

だからと言って、このまま‶消極的”なスタンスで終わるつもりはない。「引き分け狙いとかではなくて、勝ちに行く。ホームなので自分たちらしいサッカーをして、良い結果を残したいと思います」と、12月3日の第2戦に向け士気を上げた。

取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTOギャラリー】浦和が阿部の決勝PKで先勝!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
北澤豪氏がクラブW杯準々決勝を展望「攻撃的な相手に“ザ・アントラーズ”が出る」
あす2回戦会場でプレゼント抽選会などイベント実施!J内定選手のユニ型ストラップ予約会も
鹿島赤崎、新妻応援に発奮「次こそはヒーローに」
現役Jリーガーが選んだ「今季のベストCF」は? J1全18クラブ、計90選手にアンケート!
東京V、井林と契約更新 今季38試合出場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加