AbemaTV初の完全オリジナル連ドラは、挑戦的キャスティングの“パンクな作品”

AbemaTV初の完全オリジナル連ドラは、挑戦的キャスティングの“パンクな作品”

  • ニュースウォーカー
  • 更新日:2017/10/11
No image

AbemaTVオリジナルドラマ進出記念作品「#声だけ天使」が、2018年1月期に放送される (C)AbemaTV

昨年4月の「AbemaTV」開局以来初となる、企画から脚本まで完全AbemaTVオリジナルの連続ドラマ第1弾「AbemaTVオリジナルドラマ進出記念作品『#声だけ天使』」が、2018年1月クールに、10週にわたって放送されることが決まった。

【写真を見る】若手注目女優・仁村紗和が連ドラ初レギュラーに挑む

同作は、劇作家、演出家、劇団扉座の座長であり、「スーパー歌舞伎IIワンピース」など、数々の舞台やドラマを手掛ける横内謙介氏が、AbemaTVのために脚本を書き下ろしたオリジナルドラマ。

秋葉原と並んでアニメの聖地・池袋を舞台に、声優に憧れて上京してきた主人公・ケンゾウと、同じ志を持つ4人の仲間の友情と純愛、挫折と希望を描く青春群像劇。

夢追う若者の葛藤や思い、また純愛へのひたむきさといういつの時代も人の心を動かすテーマに、声優という現代の人気職業の切り口と、“声”や“言葉”の力というエッセンスを入れ、若者のリアルな姿を描きだす珠玉の脚本と、地上波ドラマ作品と並ぶ本格的な制作体制で、総製作費3億円以上をかけたドラマ作品として放送される。

今回主人公・ケンゾウを演じるのは、約1000人のオーディションの中で、ケンゾウのイメージ通りだったと監督がほれ込み、その演技力が高く評価された、本ドラマが初の主演作となる若手俳優・亀田侑樹。

ケンゾウが“声”を届けたことをきっかけに恋をするさくらは、モデル・女優として活躍し、CMでもインパクトのある演技を見せる仁村紗和が演じる。本作が連ドラ初レギュラーという仁村のフレッシュな演技に期待が高まる。

ほか、ケンゾウを取り巻く仲間として、筋金入りのアニメオタクで、コミュニケーション能力に難がある引きこもり・シンジ役に映画「怒り」(2016年)で、第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した佐久本宝。

ボーイッシュな声を得意とするサディスティック少女・茜役に松本妃代、かつてはアイドル志望だったロリ声の不気味なおばさん・しのぶ役に山口景子、元エリートエンジニアで離婚調停間近の45歳・寺本役に久ヶ沢徹と、個性豊かな俳優陣が脇を固める。

本作では、この“何者でもない夢追う5人”が、ボイスサービスサイトを立ち上げ、さまざまな壁にぶち当たりながらも奮闘していく様子と、“声”を通じて心を通わせ、見返りを求めない真っすぐな純愛が描かれる。

主演を務める亀田は「え!? 僕が…主演ですか…?という衝撃なサプライズから始まった 『#声だけ天使』。声の力を誰よりも信じ どんな時でも前向きに突き進む そんなケンゾウを愛していただけるように頑張りたいと思います。あなただけのため 届きますように」と、驚きを隠せない様子ながらも、意気込みを語った。

一方、ヒロインの仁村は「最初このお話を頂いた時は、安西さくらという人を演じるのは純粋に難しいな、と思いました。悲しい過去を背負った人になるというのは理解しようとしても理解を超えるものがあり、その表情や行動、言動を表現していくのはとても難しかったです」と率直な感想を明かす。

それでも前を向き「さくらと一緒に私自身も成長していけると思っています。劇団のように、出演者スタッフみんなで意見を出し合いまごころ込めて作っています。それぞれの人生の選択を最後まで見ていただけるとうれしいです!」と、意気込みを語った。

AbemaTVオリジナルドラマ進出記念作品の大役を担うことになり、原作・脚本の横内氏は「作家として、こんなやりがいのある話に巡り合うことは二度とないだろうと思い、このチャレンジに参加させていただく決心をしました。

どうせパンクにやるなら、もう2度とやれない事をやってやろうと、メジャーキャスティングを一切やめて主役から全てオーディションで選ばせてもらいました。今までのセオリーにない作り方は芝居に、映像に、そして「物語」として残せていると自負しております」と自信を見せた。

さらに、エグゼクティブプロデューサーを務める「AbemaTV」代表取締役社長・藤田晋氏は「今回、最高の脚本とオーディションで選び抜いた妥協のないキャスティング、“純愛”“青春”という普遍的なテーマで、若者をはじめ幅広い世代の視聴者を魅了する作品として、皆さまに楽しんでいただけることを期待しています」とコメントを寄せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『人殺しの息子と呼ばれて...』勇気ある告白に大きな反響 - 取材者が明かす衝撃インタビューの裏側
GENERATIONS、高校の弓道部に潜入! 片寄涼太の“ハートを射抜くひと言”に他メンバーが「やっぱりわかってるよね」
裕木奈江、渡米12年後の現在
「希望の党に期待できるか?」→「ゼロ~」 日テレ「ZERO」のSEミスに「わざとだろ」
沖縄1区、共産・赤嶺政賢氏が当選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加