トヨタ ヴィッツ や レクサス IS など、米国で60万台を追加リコール...タカタ製エアバッグ

トヨタ ヴィッツ や レクサス IS など、米国で60万台を追加リコール...タカタ製エアバッグ

  • レスポンス
  • 更新日:2018/01/11
No image

先代トヨタ・ヤリスリフトバック

もっと画像を見る
トヨタ自動車の米国部門は1月9日、タカタ製エアバッグのインフレータの不具合による追加リコール(回収・無償修理)を、およそ60万台を対象に行うと発表した。

今回のリコールは、タカタが米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)に、同社製エアバッグのインフレータの新たな不具合を届け出たことを受けての対応。トヨタとレクサスの場合、2009~2010年モデルと2013年モデルが対象に含まれることになった。

トヨタブランドでリコールに該当するのは、『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』)、『カローラ』、SUVの『4ランナー』、ミニバンの『シエナ』など。レクサスブランドでは、『IS』『IS‐F』『ES』『GX』がリコールに該当。両ブランド合わせて、合計およそ60万1300台がリコールの対象になる。

トヨタの米国部門は、対象車を保有する顧客に通知。販売店において、助手席エアバッグ一式またはインフレータを改良品と交換するリコール作業を行う、としている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アメリカでも批判噴出。メイド・イン・ジャパンを誇れなくなる日は近い?
この10年、日本の大企業で「品質問題」が続発する理由がわかった
身に付ける椅子「archelis(アルケリス)」、今春に販売開始!......一般市場にも展開へ
コメダ、驚異的高収益の秘密はパンのメニュー大量投入?凋落のスタバと真逆戦略で無敵
“現役最強のホンダ車”を徹底解剖! もはや「国民車」の新型N-BOX進化の裏側
  • このエントリーをはてなブックマークに追加