最新ランキングをチェックしよう
時代に翻弄される人々を想起させる作品で“個人とは何か”を問う2人展「匿名の肖像」

時代に翻弄される人々を想起させる作品で“個人とは何か”を問う2人展「匿名の肖像」

  • MdN
  • 更新日:2017/08/11

左:Ryoichi Nakamura《a study of identity》(部分、展示作品)
右:Kota Hirakawa《Black color timer》(部分、展示作品)
2017年8月11日(金・祝)から8月26日(土)まで、TOHO BEADS STYLE Tokyo Gallery tにて、「匿名の肖像」展が開催される。画家の中村亮一氏と平川恒太氏による2人展。歴史や国家、人種

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「バーレスクTOKYO」初のオフィシャルミックス「BURLESQUE Party mixed by DJ KAYA(FARM-457)」が初登場iTunes Storeダンスチャート1位獲得
六本木から世界に! バーレスク東京、オリンピックに向けた新曲もヤバい
サザン、ドリカム、EXILE...「禁断の恋うた」1位はあの曲!
NMB48山本彩ソロツアースタート、4年ぶりの広島登場に会場熱狂
【初参加レポ】<朝霧Jam>は、寝食とライブが融合する音楽ファンのホーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加