日本でも合法!公道を走れる国産折りたたみ式電動バイク「Cute-mL」

日本でも合法!公道を走れる国産折りたたみ式電動バイク「Cute-mL」

  • Techable
  • 更新日:2018/01/14
No image

クラウドファンディングサイトkibidangoに、折りたたみ式電動バイク「Cute-mL(キュート・エムエル)」が登場。日本の道路運送車両法に準拠しているため、公道走行もOKだという。

・町のチョイ乗りからレジャーのおともまで

No image

町中のチョイ乗りにぴったりの本品。重量は、たったの22キログラム。通常の原付バイクの4分の1の重さだ。折りたたんだときの幅は、わずか30センチメートル。自動車のトランクにもすっぽりとおさまるので、アウトドアレジャーのおともにももってこいだ。

これだけコンパクトだと、特別な保管場所も必要ない。スタンドで自立するため、玄関の隅に置いておける。よけいなコストをかけずに維持できるのも、うれしいところだ。充電は、USB電源ポートから。スマホなどの端末充電にも、利用可能。外出先での緊急事態にも、役立ちそうだ。

・早期割引価格は破格の9万円台!

No image

開発元は山梨を拠点に、15年以上電動バイク・電動バイクの製造卸・販売を行っているアクセス。ここ数年、日本の車両法をクリアしていない海外製の折りたたみ式電動バイクが、市場に多く出回っていることから、製造を決意。誰もが安心して乗れるように、購入後のメンテナンスや、パーツ・バッテリー交換にも応じる姿勢だ。

現段階で、サポーターは330人を突破。資金は、必要額の2倍近くまで上っている。プロジェクトでの特別提供価格は、9万5000円。2台セットなら18万円と、さらにお得だ。オーダー受け付けは、1月30日まで。申し込みは、早目が吉。

Cute-mL/kibidango

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ビットコインを「詐欺」呼ばわりのダイモンCEOが発言を後悔
〝1kg〟の定義が130年ぶりに改定されるかも?
ダイエー消えてもドムドムは不滅。6年ぶり新規出店で復活目指す
【検証】ユニクロの『シームレスダウン』が暖かすぎるので、下は「半袖Tシャツだけ」でも真冬のバイク通勤に耐えられるのか試してみた結果
ソフトバンク新卒採用、1位の特技ある人のみ応募可...就活売り手市場への大誤解
  • このエントリーをはてなブックマークに追加