いちご狩りでのもったいない食べ方が話題 農家は「三重苦を乗り越えたので悲しい」

いちご狩りでのもったいない食べ方が話題 農家は「三重苦を乗り越えたので悲しい」

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/01/24

(画像提供 深作農園)甘酸っぱいいちごをお腹いっぱい食べられる楽しさが人気のいちご狩り。春の訪れを告げる風物詩として、関東では先週あたりからスタートしている農園もあるが、茨城県鉾田市の「ある農家の想い」が、話題を呼んでいる。鉾田市は野菜の農業産出額が市町村別全国第1位で、いちごは栃木県真岡市に次いで第2位を誇る。しらべぇ取材班は、その農家から詳しい話を聞いた。■今年のいちごは苦労の結晶鉾田市は、台

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加