日経平均テクニカル:21000円突破後は1996年6月の22660円辺りが意識されてくる

日経平均テクニカル:21000円突破後は1996年6月の22660円辺りが意識されてくる

  • FISCO
  • 更新日:2017/10/13
No image

株式会社フィスコ

8営業日続伸で連日の年初来高値を更新し、1996年12月以来の水準を回復している。引き続き上昇する5日線に沿ったトレンドを継続させており、ボリンジャーバンドでは上昇する+1σと+2σとのレンジに沿ったトレンドを形成。バンドの切り上がりにより+2σは21196.26円まで切り上がってきており、買われ過ぎ感はまだでていない。ただし、MACDは319まで上昇してきており、5月のリバウンド局面でつけた273処を突破してきている。昨年12月には475まで上昇していたが、MACDでは過熱感を警戒しておきたいところではある。長期トレンドでは1997年以降の抵抗を突破してきており、21000円を突破してくるようだと、1996年6月の22660円辺りが意識されてくることになりそうだ。

<CS>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
住宅ローン、破綻する人の「マズすぎる返済計画」パターン
客にも従業員にも愛される日本一のホテル
マツダと資生堂、香水を共同開発 車らしさやスピード感を香りで表現
28歳にして仮想通貨で資産2億円の男 その成功法とは?
マンションバブル崩壊、戸建て価格暴落の不気味な予兆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加