ハリル“右腕コーチ”が仏紙で酒井宏樹を称賛 「日本代表の右SBにライバルはいない」

ハリル“右腕コーチ”が仏紙で酒井宏樹を称賛 「日本代表の右SBにライバルはいない」

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/11/13
No image

フィジカルコーチのボヌベー氏が語る 「3年間で議論の余地のないキャリアを築いた」

日本代表DF酒井宏樹(マルセイユ)は、10日にフランスのリールで行われたブラジル代表戦でも、ブラジル代表FWネイマール(パリ・サンジェルマン)と激しい1対1のデュエルを展開した。バヒド・ハリルホジッチ監督の右腕であるコーチは、ポジション争いの激しい日本代表での酒井宏の現状について「ライバルはいない」と断言。定位置が確保された稀有な存在であることを認める一方、さらに飛躍するために必要な条件を明かしている。フランス紙「Le 10 sport」が報じた。

酒井宏の成長ぶりについて語ったのは、かつてマルセイユでプレーし、現在ハリルジャパンのフィジカルコーチを務めるジャッキー・ボヌベー氏だった。

「彼は3年間で議論の余地のないキャリアを築いた。日本代表の右サイドバックにライバルはいない」

かつてはDF内田篤人(ウニオン・ベルリン)が定位置を築いた日本代表の右サイドバックだが、今は酒井宏が不可欠な男になっているという。FW本田圭佑(パチューカ)、MF香川真司(ドルトムント)、FW岡崎慎司(レスター)という日本代表を牽引してきた実力者が、今回の欧州遠征で落選するほどポジション争いが激化するなかで、酒井宏の立場は揺るがないという。

「クオリティー、スピード、耐久性がある」

「彼には並外れたフィジカル面のクオリティー、スピード、耐久性がある」とボヌベー氏は称賛するが、課題も存在するという。

「私はもっと守備的な仕事に集中するようにアドバイスした。PSG、モナコ、リヨン相手には攻撃性を減らせ、と。ルディ・ガルシアにも伝えたら、彼も僕に同意してくれた。ただ、我々にとってヒロキはとても頼りになる男だ。代表で自信に満ち溢れているんだ」

PSGら格上の相手には攻撃参加の回数を減らすなど、守備意識を高めるようにボヌベー氏はアドバイス。すると、マルセイユのルディ・ガルシア監督も同意したという。

対戦相手に応じたアプローチこそが酒井宏に必要な資質――。ハリル監督から絶大な信頼を受ける男は、ベルギー戦でその期待に応えるパフォーマンスを見せることができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
香川真司のとった行動に「賛否」 代表落選で異例のスタンド観戦
浦和10年ぶりACL制覇へ、決勝第1戦スタメン発表! 槙野、長澤ら敵地決戦へ先発出場
手越祐也に称賛、本田圭佑へ「真剣インタビュー」
【選手権出場校】滋賀・草津東|伝統校に新鋭あらわる! 無名の1年生がレギュラーを掴むまで
前半だけで3失点...日本VSブラジル戦平均視聴率16・3% 瞬間最高20・4%
  • このエントリーをはてなブックマークに追加