KCCSの「Sigfox Shield for Arduino」、ソラコムなどでネット販売を開始

KCCSの「Sigfox Shield for Arduino」、ソラコムなどでネット販売を開始

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/10/11
No image

京セラコミュニケーションシステム(以下、KCCS)は、SigfoxパートナーであるソラコムおよびスイッチサイエンスがSigfox開発ボード「Sigfox Shield for Arduino」のインターネット販売を開始したと発表した。

同製品は、Sigfox通信モジュールと、温度、湿度、気圧、加速度、ボタンの5種類のセンサを搭載したSigfox開発ボード。電子工作分野において広く活用されているArduino Unoなどに接続し、ソフトウェアを組み込むことで、簡単にSigfoxを活用したIoTアプリケーションの評価やトライアルが可能となる。

これまで同製品はKCCSより販売されていたが、この10月からKCCSのSigfoxパートナーであるソラコム、およびスイッチサイエンスの2社でも販売される。インターネット購入が可能になったことで、より多くのユーザーにSigfoxを活用したIoTアプリケーションの開発・評価できるようになった。

なお、Sigfox Shield for Arduinoの主な仕様は、Sigfox通信モジュールがWISOL WSSFM10R ※RC3(日本国内のみ)、加速度センサがNXP MMA8451Q、温度、湿度、気圧センサがBOSCH BME280となっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
GoogleカレンダーのWeb版がデザインを一新
中国製薄型テレビに世界が震撼!なんとiPhone8の半分―中国メディア
「オーケー・グルグル」でも大丈夫、Google Homeは子どもたちに大ウケ
Googleカレンダー、新しいデザインへ
グーグルが先陣、量子コンピューターの挑戦
ウォール・ストリート・ジャーナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加