クリント・イーストウッド、最新作はソマリアで誘拐された米国人女性の実話

クリント・イーストウッド、最新作はソマリアで誘拐された米国人女性の実話

  • 映画.com
  • 更新日:2016/10/20
No image

クリント・イーストウッド監督 Photo by Kevin Winter/Getty Images

ハドソン川の奇跡」を手掛けたクリント・イーストウッド監督が、再び実話をもとにした映画を企画していることが明らかになったと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

米ワーナー・ブラザースは、ソマリアで誘拐された米国人女性ジェシカ・ブキャナンさんの伝記「インポッシブル・オッズ(原題)」の映画化権を獲得。イーストウッド監督の次回作として準備を進めており、「ブラッド・ワーク」「ミスティック・リバー」を執筆したブライアン・ヘルゲランドが脚本を担当しているという。

ジェシカさんは2011年、米ソマリアで難民支援活動中に武装勢力によって拉致され、93日間にわたり同僚のデンマーク人とともに監禁。その後、米海軍特殊部隊によって救出されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
映画「3月のライオン」二海堂役は染谷将太!キャスト写真も一斉公開
......えっ終わり!? 「チャンピオン」の打ち切り漫画が「ソードマスターヤマト」級のレジェンド最終回
「ワイルド・スピード」最新作が4月に日本公開、邦題も決定
ローラ、ハリウッドデビュー飾る「バイオハザード」初登場シーン解禁
「THE BLUE HEARTS」の名曲の数々が劇映画に!尾野真千子、永瀬正敏、豊川悦司ら参戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加