米国監督「投手戦になると」難敵韓国戦へ プレミア

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2019/11/10

アメリカは初戦で、難敵の韓国と対戦する。有望株のエンゼルス傘下3Aのアデルが1次ラウンドで3割8厘、1本塁打を放つなどチームで10発と打線好調。

それでもブローシャス監督は「投手戦になると予測している。バランスの取れた試合をすることが大事」と相手先発の左腕、梁■種の実力を認め接戦を覚悟した。

※■は王ヘンに玄

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【プレミア12】「この試合で日本の球審、どう思う?」 韓国記者の質問にメキシコ監督は冷静対応
異色右腕・松本直晃のトライアウト。来年父になる男の「夢の続き」
韓国、逆転勝ちで五輪切符 野球プレミア12
大谷独特の読書法から見える生き方/インタビュー2
ミスタークロ“冠”や!阪神・片山、驚異の身体能力で“独走”猛アピール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加