南米墜落事故 死者数75人→71人に

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/11/30

南米コロンビアで28日、ブラジルのサッカー選手らが乗ったチャーター機が墜落した事故で、現地当局は当初75人としていた死者の数を71人だと改めて発表した。

ブラジル1部リーグのクラブ、「シャペコエンセ」の選手らを乗せたチャーター機は、コロンビアのメデジン近郊の山岳地帯に墜落した。コロンビアの当局は当初、81人が乗っていたと発表していたが、搭乗者名簿に名前があった4人は、乗っていなかったと明らかにした。

ブラジルのメディアによると乗っていなかった4人は市長や議員、報道関係者だと報じている。それに伴い、死者の数も75人から71人に修正している。また、6人が救出された。

「シャペコエンセ」の選手らは、南米の強豪クラブが出場するサッカーの国際大会、「コパ・スダメリカーナ」の決勝戦に出るために、コロンビアに向かっていたという。

事故を受けてブラジルのテメル大統領は、3日間、喪に服すると宣言した。

シェペコエンセ副会長「チームは前に進まなければならないが、いまは話すのが難しい。なにを話せばいいのか分からない」

チャーター機の搭乗者名簿にはサッカーJ1ヴィッセル神戸のカイオ・ジュニオール元監督のほか、セレッソ大阪などでプレーしたケンペス選手ら、元Jリーガーの選手4人が含まれているが、生存者の名簿にはいずれも名前がなかった。現地当局は回収したブラックボックスの解析を進め、墜落の原因を調べる方針。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ペップ・シティ、今季終了後にチーム解体も? 7選手が今季で契約終了
アーセナル、GL首位通過を狙い敵地バーゼル戦に臨む(12枚)
活躍していない本田圭佑を、ミランが急にアゲ始める! その理由とは?
「トップでの試合出場に毎に5万ユーロ」レアル17歳神童の契約内容が暴露
マンUレジェンド、ギグス氏の脳裏に初めて引退をよぎらせた”ある試合”とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加