鹿島、0-2からの4発逆転!レアンドロが自身初の豪快ハット

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/09/17

明治安田J1第26節第1日(16日、デンカビッグスワンスタジアムほか)ハッとして、4発大逆転!! 首位の鹿島は、最下位の新潟に前半0-2とリードされたもののMFレアンドロ(24)の自身初の3得点などで4-2と逆転勝ち。4連勝で勝ち点を58に伸ばし首位を堅持した。新潟は14戦勝利なし。2位の川崎は清水に3-0で快勝した。

油断大敵とはこのことか。最下位新潟を相手に後半、怒濤(どとう)の4ゴールで逆転した鹿島。こわもての大岩監督は軽く手をたたいただけで、厳しい表情を崩さなかった。

「後半に限っていえばうちのペースで進められた。だが、前半は新潟のアグレッシブなサッカーに翻弄され、反省しないといけない」

前半は新潟の“省エネサッカー”に苦戦した。シュート2本で2点を献上。DFの帰陣が緩慢な上、マークもずれた。ふがいない内容に、指揮官が雷を落とした。「もっと勝ちにいくプレーを出せ!!」。ハーフタイムのロッカールームに怒号が響いた。控えだった主将MF小笠原にも言葉を求め、小笠原は「勝ちたい気持ちは新潟の方が出ている。そこから負けている」とハッパを掛けた。

4試合ぶりに喫した失点と台風18号が接近する前に吹き荒れた“逆風”。後半は攻撃陣が目を覚ました。同4分にMFレアンドロが1点を返し、22分、36分にも追加点。2012年10月のMFドゥトラ以来、クラブ史上12人目のハットトリックを達成した。44分にはFW金崎がPKを決めて4-2で逆転勝利を収めた。

4連勝を飾り、同時に大きな教訓も手にできた。残り8試合。日本代表DF昌子は「いい経験になったし、チームは強くなると確信した。残り試合全勝でいく」。2連覇に向けて、ここからが本当の勝負だ。 (一色伸裕)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
[関西]びわこ大は堂安→宮ゴールなどで2連勝、立命館大は10戦無敗:後期第2節
川崎に痛手...MF大島僚太が左ハムストリング肉離れ、約2カ月離脱へ
【J1採点&寸評】磐田 2-1 大宮|意表を突くFK弾で魅せた俊輔。痛みがあるとは思えないほどのキレ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加