ガンの手術・薬を「断った人」は、その後どうなるのか

ガンの手術・薬を「断った人」は、その後どうなるのか

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2019/11/17

抗がん剤治療が苦しくて
〈春の闇 どう考へても 苦あれば苦〉
〈激痛の 波に夕凪 なかりしか〉
'97年に食道がんで亡くなった随筆家の江國滋は、闘病日記『おい癌め 酌みかはさうぜ秋の酒』のなかで、がん治療が続く暗澹たる気持ちをこんな句で表現している。がん患者の苦しみは、いかばかりのものか、たったの17音からでも十分に伝わってくる。

image by iStock

がん手術の技術は日々進歩し

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加