大鵬孫の納谷幸男「日本のレスラーにない高さ」2m

大鵬孫の納谷幸男「日本のレスラーにない高さ」2m

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/15
No image

納谷(左)は雷神矢口にランニングニーリフトを決めデビュー戦を勝利で飾った(撮影・滝沢徹郎)

<プロレス:リアルジャパンプロレス東京大会・30分一本勝負>◇14日◇後楽園ホール

13年に亡くなった大相撲の横綱大鵬の孫、納谷幸男(23)が、豪快な勝利でプロレスデビューを飾った。14日、リアルジャパンプロレスの東京・後楽園大会の第5試合に登場。父で元関脇貴闘力の14年のプロレスデビュー戦の相手も務めた雷神矢口と対戦した。

開始早々、強烈な右キックを見舞って観客を驚かせたが、場外に連れ込まれ、矢口のセコンドも加わった“集団リンチ”に遭った。有刺鉄線ボードにたたきつけられ、有刺鉄線バットで殴られた。さらに毒霧攻撃も浴び、いきなり流血するピンチ。それでもリングに戻ると、強烈なキックやのど輪、初代タイガーマスク直伝のフライングクロスチョップで反撃。最後はランニングニーリフトから片エビ固めで、5分58秒、勝負を決めた。

「緊張しすぎて記憶もあいまいだけど、自分の中でいい動きができた。毒霧、バットはきつかったですね」と振り返った。13年3月の入団から4年以上かけてたどりついたデビュー戦。会場では父貴闘力ら家族全員が観戦。祖父の遺影もデビュー戦を見つめていた。「遺影に力をもらいました」と納谷。試合前、200センチ、135キロとサイズが公式発表された。「日本のレスラーにない高さを生かしたレスラーになっていきたい」と上気した顔で言った。【桝田朗】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
松村邦洋30キロ減量で成人式以来のスーツ姿を披露
アンドレ・ウォード 電撃引退表明!現役最強ボクサーがリング去る「ミッション終了」
角田夏実が講道館杯を欠場「けがを完治させます」
異常な採点の生まれ方――統一世界ミドル級タイトルマッチ
那須川天心×武尊のスーパーマッチは実現困難? 専門家が語る「対戦したら7:3で...○○が勝つ!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加