大政絢×岡田将生の“濃厚キス”に視聴者衝撃!涙を舌で...「“秘め事”感がすごい」<昭和元禄落語心中>

大政絢×岡田将生の“濃厚キス”に視聴者衝撃!涙を舌で...「“秘め事”感がすごい」<昭和元禄落語心中>

  • ザテレビジョン
  • 更新日:2018/11/17
No image

みよ吉(大政)と菊比古(岡田)の濃厚キスシーンに衝撃!

【写真を見る】7年ぶりの再会時に濃厚なキスを交わした、みよ吉(大政)と菊比古(岡田)

岡田将生主演のドラマ「昭和元禄落語心中」(毎週金曜夜10:00-10:45、NHK総合)第6回「心中」が11月16日(金)に放送され、助六(山崎育三郎)とみよ吉(大政絢)の死の真相が描かれた。7年ぶりに再会したみよ吉と菊比古(岡田)のキスシーンが視聴者に大きな衝撃を与えた。(以下、ネタバレがあります)

「昭和元禄落語心中」は、雲田はるこの同名漫画を原作としたヒューマンミステリー。昭和の落語界を舞台に、主人公の八代目有楽亭八雲(岡田)を始め、芸の世界に身を投じた人々の生きざまを描く。

激しく愛し合う菊比古とみよ吉…

第5回で師匠・七代目八雲(平田満)に破門され、みよ吉とともにぷっつりと消息を絶った助六。そして7年後、師匠の最期を看取ったあと、菊比古は「助六に会いたい。もう一度、助六を、助六の落語を取り戻さなくてはならない」と、ついに助六を探し出した。

落語は捨てた、とかたくなな助六を説得し、四国の地で二人会を開くことになった菊比古。助六が素晴らしい落語で7年ぶりの高座を飾ったその夜、みよ吉は助六に隠れて菊比古を呼び出した。

「やっと来てくれたのね。ずいぶん遅いから待ちくたびれちゃった」としなだれかかったみよ吉。「みんなで東京に帰ろう」という菊比古に、みよ吉は「いや。あたしは菊さんと2人がいい」と駄々をこねた。

なじりながらも激しく求めるみよ吉に応える菊比古。涙にぬれたみよ吉の頬を菊比古が舌で舐めるなど、2人は深く求めあうように激しい口づけを…。

別れから7年が経ち助六との間に子供ができてさえも、菊比古のことが忘れられないみよ吉の“女の情念”が痛いほどに伝わってくる、妖艶でありながら、感動を生む名シーンとなった。

この濃厚キスシーンに、視聴者は衝撃!「岡田将生と大政絢が美しすぎる!」「妖艶だし艶もあって…」「再会したみよ吉の愛が…ドキドキした」「“秘め事”感がすごい」といった声が上がった。

その後、みよ吉と助六は破滅の奈落へと落ちていった。壮絶な展開に、視聴者からは「辛すぎる」「助六もみよ吉も、菊比古もみんな泣いてた」「みんなが幸せになれる道はなかったのか…」といった悲しみの声が上がっている。

八雲を継いだ菊比古のその後は…第7回あらすじ

23日放送の第7回「昇進」では、助六とみよ吉の死後、八代目八雲を襲名し、60代に入った菊比古(岡田)の物語が描かれる。

老いてなおその芸は美しく、落語界で孤高の地位を保つ八代目八雲。そして、唯一の弟子・与太郎(竜星涼)は二ツ目になり独立。養女である小夏(成海璃子)も八雲の家を出てひとり暮らしをしていた。そして与太郎に真打昇進の話が持ち上がってきた頃、小夏が一同の前で衝撃的な報告をする…。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
水卜麻美アナ「ボディの変化」に衝撃 「男性が好きな体型」「あざといし嫌い」
JOY「某芸人」に大激怒「もう縁切り。ここまでイライラさせられたのは初」
加藤綾子、ショートボブにすっきりイメチェン「短いのも似合う」と反響
クロちゃん、「たかみなに呼び出されたしん!」投稿に怒りの声が殺到「身の程知らず」
指原莉乃、HKT48 卒業を電撃発表 「ついに来たか」「AKBグループやばい」とファン悲鳴
  • このエントリーをはてなブックマークに追加