チェルシー監督、テロに屈せず本拠地で試合を 英紙

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/16

チェルシーのアントニオ・コンテ監督(48)は、テロに屈せず「スタンフォードブリッジで試合をすべきだ」と明かしたと、16日付の英紙サンが報じた。

15日にチェルシーの本拠地であるスタンフォードブリッジから800メートルほど離れた地下鉄路線で爆発があり、20人以上が負傷するテロ事件が起きた。

しかし、コンテ監督は17日に予定されているホームのアーセナル戦を開催することで、テロ組織に屈していないことが証明できると主張した。「(試合を)続けることが重要だ。なぜこのようなことが起こるのか理解できない。なぜなんだ。だが、私たちは彼らよりも強いということを証明するためにも、試合をすべきだ。事件に関わったすべての人にお見舞い申し上げます」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
決死の“喉元ブロック”長谷部フランクに軍配!!大迫は決定機逸...最下位ケルン開幕5連敗
香川がリーグ初先発で今季初ゴール!...味方シュート阻止も押し込み先制弾
マインツ武藤、今季2得点目を記録! 強引なドリブルから左足を振り抜く
フィリピン出身の18歳。ハリクインズのSOマーカス・スミスがワスプス戦でマン・オブ・ザ・マッチ。イングランド・プレミアシップ
香川真司が今季初スタメンで初ゴール! 酒井高徳との日本人対決で魅せた!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加