被災した企業の支援金を不正受給 4600万円“詐取”

被災した企業の支援金を不正受給 4600万円“詐取”

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/12/05
No image

動画を見る(元記事へ)

東日本大震災で被災した企業のための補助金を不正受給していました。

詐欺の疑いで逮捕されたのは、食品加工会社の元社長・遠藤久容疑者ら2人です。警察によりますと、2人は2012年に震災で壊れた工場に冷蔵庫や調理器具を整備するための費用を水増しして申請し、福島県の企業立地補助金約4600万円をだまし取った疑いが持たれています。警察の調べに「補助金を多く受け取ったことは間違いない」と話しているということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
同僚の男2人に体内に空気入れられ男性が死亡
ベンツの運転手に絡まれ煽られていた軽自動車。しかし軽の方が一枚上手だった
風俗店入るビルで火災 4人死亡1人重体 さいたま市
エネルギー小国日本の選択(17) ── 変わるエネルギー業界の今
ブラック企業大賞にノミネートされた企業って、その後どうなるんです? 運営委員会に聞いてみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加