母国にある「メッシ像」がまたも被害に...両足首が切断される

母国にある「メッシ像」がまたも被害に...両足首が切断される

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/12/05
No image

アルゼンチンにあるメッシ像 [写真]=Getty Images

ブエノスアイレスに建てられたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの銅像が壊された。イギリスメディア『BBC』が報じている。

2016年6月に作られた銅像は足首から切断され、ふくらはぎから上の部分が路上に投げ捨てられていたという。この銅像が壊されるのは2回目であり、今年1月にも胴体が2つに折られる被害を受けていた。なお、警察は犯人の動機は不明であると発表している。

Destrozaron la estatua de Messi en Costanera Sur https://t.co/t0ZvbT9bF5
— Telefe Noticias (@telefenoticias)
December 3, 2017
from Twitter

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
本田の決定機を元新潟DFがことごとく阻止...決勝進出狙うパチューカ、前半はグレミオとスコアレス
ついに実力を認めた? 岡崎慎司をレスター指揮官が「欠かせない重要な存在」とベタ褒め
本田圭佑に伊メディアからも称賛。クラブW杯で躍動し「パチューカの攻撃の支柱」
W杯・日本戦への影響は? 差別的行動のコロンビア代表MFにFIFAが5試合出場停止の厳罰!
本田が主役! CWC準決勝南米王者グレミオ戦でパチューカが互角展開で、死闘は延長戦に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加