YouTube TVがApp Store経由での契約を停止。手数料回避が目的か

  • Engadget
  • 更新日:2020/02/16
No image

Googleが米国で提供している「YouTube TV」が、3月13日以降、AppleのApp Store経由の契約を停止します。新規契約を停止するだけではなく、既存の契約者に関しても、3月13日以降の請求日に自動でキャンセルになるとのことです。iOS上では引き続きYouTube TVを利用できるものの、契約自体はWEBサイト上で行う必要があります。

YouTube TVは、Googleが提供する「アメリカの主要テレビ局の番組をインターネットで視聴できる」というサービスです。月額は、動画サービスのサブスクリプションとしては、やや高額な49.99ドル(約5500円)となっています。

Googleは、Appleのアプリ内購入の停止を加入者向けにメールしているのみで、その理由を明確にはしていませんが、App Storeの手数料の高さが背景にあるものと考えられます。AppleのApp Storeは15%~30%が売り上げから手数料として徴収される規定になっており、Googleとしてはこれを回避したいところでしょう。

なお、App Storeからの契約を引き上げたのはGoogleが初めてというわけではなく、2018年にはNetflixもApp Store、そしてGoogle Playからの契約を停止し、自社サイトに一本化しています。

関連記事:
Netflix、iOSアプリからの新規登録を終了。ウェブサイト登録に一本化

自身で決済手段を持たないサービスであれば、App Storeなどでの決済を利用するメリットもありそうですが、自社で行えるなら手数料を取られるだけで、デメリットの方が大きいのかもしれません。

Source: MacRumors

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
iOS14のマルチタスキング機能の動画が流出
Apple、AirPodsシリーズの接続・カスタマイズ方法を動画で解説
「低電力モード」は何かを犠牲にするの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
パソコンのように使えるタブレット端末! 今売れているのはタブレット製品TOP10は?
SDカードの写真をiPhoneに読み込むには?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加