片思い中なら! 好きな人に絶対言いたい「魔法の言葉」3選

片思い中なら! 好きな人に絶対言いたい「魔法の言葉」3選

  • ウレぴあ総研
  • 更新日:2019/01/20
No image

好きな人に自分の気持ちを届けたい。でも、「好き」とはっきり口にするのは恥ずかしい。

そんなときでも、相手に愛情が伝わる「魔法の言葉」があるのを知っていますか?

言われた側が思わず笑顔になるのは、あたたかい響きがあるから。言葉には人の心を満たす力があります。

「魔法の言葉」にはどんなものがあるのか、ご紹介します。

1. 「がんばろうね」

「がんばってね」と言われるとプレッシャーを感じる、という人もいるかもしれませんが、それは力を尽くすのが自分だけのように感じるから。

「がんばろうね」には、「私もいるよ」という気持ちが込められています。

「一緒に」「ふたりで」の響きがあると、実際にはそうじゃなくても、「ひとりじゃない」と勇気をもらえるもの。

心が寄り添っているような力をもらえる言葉なのですね。

2.「信じてる」

信じる、の言葉には、「信頼している」気持ちのほかにも「結果を受け止めてもらえる」安心感があります。

「結果がどうなっても、あなただから」と思わせてくれるのがこんな言葉。

人に頼られることで自信を持つ男性は多いですが、「信じてる」と言われると力を認めてもらえるようでさらにやる気が出るのですね。

誰にでも言える言葉ではないのが「信じてる」です。しっかりと中身を見てくれているんだな、と思うことであなたへの信頼感も増します。

3. 「ありがとう」

感謝の言葉は、何かしてくれたときにだけ使うものではありません。

LINEでも電話でも、会話の最後には「ありがとう」。それは、「話せて嬉しい」気持ちが感じられて、言われたほうは心があたたかくなります。

「ありがとう」と口にするとき、人は必ず笑顔になります。ポジティブな印象が残るので、「また会いたいな」「話したいな」と次のきっかけを前向きに待てるのですね。

また、「ありがとう」と言われたらこちらも同じように返したくなるもの。お互いの存在を受け止められる大きな力が「ありがとう」にはあります。

何気ない会話の中でも、言われたら幸せな気持ちになるのが「魔法の言葉」。

それは、まず自分から相手を受け入れ、心を開いているのがわかるからこそ言われた側も嬉しさや喜びを感じられます。

片思い中なら特に使いたいのが上の3つです。

好意を隠さず、前向きな言葉で相手の心に愛情を届けましょう。

(mimot.(ミモット))

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
行方不明だった夫が突然の帰宅 その後の「おぞましい展開」に悲鳴相次ぐ
海外でも通用する!「外国語の響きをもつかわいい女の子の名前」20選
ストーカー男に悩まされていた女性 最悪の結末に「胸糞悪い」「怖すぎる」
バスやタクシーを降りるときに「ありがとう」を言う? 最も言わない世代は意外にも...
知らないほうがよかった、元乗務員が飛行機のブランケットや枕を使わない理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加