最新ランキングをチェックしよう
セガサミーと京都大学、ギャンブル依存症の共同研究 カジノ施設でのプレイデータ分析

セガサミーと京都大学、ギャンブル依存症の共同研究 カジノ施設でのプレイデータ分析

  • Traicy
  • 更新日:2017/12/06

セガサミーホールディングスと京都大学は、ギャンブル依存症の共同研究を行うことで合意した。

実際に営業を行っているカジノ施設での日本人を含むプレイヤーのプレイデータを収集、分析することで、人が危険な賭けに至る前の兆候を明らかにすることを目的としている。期間は2021年3月までを予定している。

セガサミーホールディングスではカジノ施設内での全プレイデータを収集する仕組みを開発しており、研究成果と結

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
コインチェック、「お答えできない」のオンパレード...超高学歴集団の実像
「月10万円生活」? 安いといわれる地方移住後の生活費、思わぬ出費に要注意
スバル車のボンネットに穴があるワケ そもそもなんのための穴なのか
ドコモのハピチャン、3月はマックのグランバーガーをプレゼント
パチンコホール、「出玉規制」で倒産激増?ヘビーユーザー離れの危機、大手は異業種参入も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加