セガサミーと京都大学、ギャンブル依存症の共同研究 カジノ施設でのプレイデータ分析

セガサミーと京都大学、ギャンブル依存症の共同研究 カジノ施設でのプレイデータ分析

  • Traicy
  • 更新日:2017/12/06
No image

セガサミーホールディングスと京都大学は、ギャンブル依存症の共同研究を行うことで合意した。

実際に営業を行っているカジノ施設での日本人を含むプレイヤーのプレイデータを収集、分析することで、人が危険な賭けに至る前の兆候を明らかにすることを目的としている。期間は2021年3月までを予定している。

セガサミーホールディングスではカジノ施設内での全プレイデータを収集する仕組みを開発しており、研究成果と結びつけることで、依存症の兆候がみられるプレイヤーを早期に発見し、深刻化を未然に防ぐ仕組みの確立を目指すという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あの「リッツ」そっくりの商品が店頭に並び始めたワケ
仮想通貨を“掘り当てる”マイニングの極意とは?
セブン、深刻な客数減サイクル突入...ファミマ、経営統合失敗で客数減地獄
インスタントメッセンジャー「AIM」が終了
日給2万5千円 広島県福山市の「副業」募集に応募殺到の理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加