FIG新会長の渡辺守成氏「縁の下から支える」

FIG新会長の渡辺守成氏「縁の下から支える」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/20
No image

国際体操連盟の第9代会長に選出され、身ぶり手ぶりを交えて記者の質問に答える渡辺氏(撮影・河野匠)

日本体操協会の渡辺守成専務理事(57)が19日、都内で行われた国際体操連盟(FIG)の総会で新会長に選出された。

五輪実施競技では、死去する94年まで国際卓球連盟(ITTF)会長だった荻村伊智朗氏以来となる国際競技連盟(IF)の日本人会長。渡辺氏はブルーノ・グランディ現会長(イタリア)と会見に臨み、「会長になったからといって、上の立場になるとは思わない。縁の下から世界の体操を支えていきたい」と話した。選挙でも119票中、100票の支持を集める圧勝。任期は17年から4年間となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ADOデンハーグ3連敗...ハーフナーも波に乗れず途中交代
5試合ぶり出場の本田が決勝点に絡む! ミランがクロトーネに逆転勝利
5試合ぶり出場の本田、FKで逆転弾起点に。ミランが昇格組下し連勝
本田のFKからラパドゥーラが決勝点...ミランが昇格組相手に辛くも逆転勝ち
イスラム教で禁酒のはずのトゥーレが飲酒運転で起訴
  • このエントリーをはてなブックマークに追加