マイクロソフト、10月のセキュリティ更新プログラム - Office 2007は最後

マイクロソフト、10月のセキュリティ更新プログラム - Office 2007は最後

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/10/11
No image

日本マイクロソフトは10月11日、2017年10月のセキュリティ更新プログラムを公開した。JPCERT/CCは、脆弱性を悪用された場合、リモートからの攻撃によって任意のコードが実行されるおそれがあるとして注意を呼び掛けている。

更新プログラムが公開されたソフトウェアは、Microsoft Internet Explorer、Microsoft Edge、Microsoft Windows、Microsoft Office、Microsoft Office Servers および Web Apps、Skype for Business および Lync、Chakra Core。

今回、62件のパッチがリリースされている。同社によると、Officeのメモリ内オブジェクト処理における脆弱性「CVE-2017-11826」は深刻度は重要だが、既に脆弱性の悪用を確認しているという。

2017年10月10日火曜日(米国時間)の月例のセキュリティ リリース日を最後に、Office 2007、SharePoint Server 2007、Windows 10 Version 1511 の Current Branch (CB) / Current Branch for Business (CBB) のサポート / サービスが終了となる。

これにより、10月の更新以降、セキュリティ更新プログラムは提供されなくなる。同社は、Office 2007、SharePoint Server 2007を利用している場合は、最新バージョンの利用を検討すること、Windows 10 Version 1511を利用している場合は、最新のCBおよびCBBに更新することを勧めている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【iOS 11】YouTubeをバックグラウンドで再生する方法!
お昼に温かいご飯を食べられるお弁当箱から、読んだページに自動的にはさまるしおりまで【今週のライフハックツールまとめ】
国立天文台が作った「宇宙の広さを体感できる映像」がスゴい!!
どんな自転車でも電気アシスト機能を追加できちゃう「EAZY Bike」が資金募集中
SNSの広告配信に対して不快感を持つ人が急増
  • このエントリーをはてなブックマークに追加