幕内竜電 横綱稀勢の里に胸借りる「全力でぶつかったけど歯が立たなかった」

幕内竜電 横綱稀勢の里に胸借りる「全力でぶつかったけど歯が立たなかった」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/04/24
No image

竜電(左)を指名し稽古を行った稀勢の里

大相撲の春巡業が24日、茨城県取手市で行われ、同県出身の横綱稀勢の里(31)=田子ノ浦=から三番稽古相手に指名された幕内竜電(高田川)が全力でぶつかった。1勝7敗と完敗だったが「声をかけていただいてうれしかった。胸を出してもらったことはあるけど初めて。全力でぶつかったけど歯が立たなかった」とすがすがしい笑みを浮かべた。

約6年前、付け人をしていた頃を思えば、稽古相手を務めるなど夢。「ずっと背中を見てきた」と、多くを吸収した。

新入幕から2場所連続で勝ち越し、頑張りを認められた証(あかし)。「指名されたのは近づけた、上がってこれたのかな。これからも指名されるように。(本場所で)対戦したいですが、徐々に力を付けてから」と、控えめに話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阿炎が白鵬破り初金星...栃ノ心がただ一人6連勝/夏場所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加