東京V 2カ月ぶり白星 数的優位生かせず苦戦もドウグラスVヘッド

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/11

◇明治安田生命J2第27節第1日 東京V1―0熊本(2017年8月11日 味スタ)

東京Vは途中出場のFWドウグラスが終了間際に決勝ゴールを決め、6月25日の町田戦(町田)以来7試合ぶりの勝利を飾った。

前半11分に熊本DF村上がMF渡辺を倒して一発退場。長時間にわたって数的優位となり、シュート2本の熊本に対して20本のシュートを浴びせたが、守備を固められて苦戦した。

だが、ようやく後半44分にドウグラスが右クロスに頭を合わせ決勝ゴール。ドウグラスは「(相手が)1人少ない状況で点を取るのは難しい。いいクロスが上がるのは想像できていたので、いいポジショニングで決められて良かった」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
団体戦は8月2日から、南東北インターハイ女子出場51校を一挙紹介!
全中、女子個人戦初日結果
磐田・中村俊輔、主役であり黒子に。稀代の名手がジュビロの仲間と進める歩み
体操の白井健三、サニーサイドアップと契約
大久保嘉人 「怖さほとんど感じなかった」ポドルスキがJで活躍するには...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加