雄星 3回途中10安打5失点KO、7勝目ならず

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/09/15

◇ア・リーグ マリナーズ―ホワイトソックス(2019年9月13日 シアトル)

マリナーズの菊池雄星投手(28)が13日(日本時間14日)、本拠地シアトルでのホワイトソックス戦に先発登板、3回途中5失点で今季7勝目はならなかった。

初回2死からアブレイユに先制の左ソロ本塁打を許すと、味方が3点を取って逆転して迎えた2回にアンダーソンの適時打で1点差とされた。

3回も無死一塁から適時三塁打で同点とされ、次打者に勝ち越し打、走塁死で1アウトを取ったが続くエンゲルに左本塁打され、ここで交代となった。

結局2回1/3、60球を投げ10安打5失点で降板した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本ハムCS完全消滅 監督、GM共に去就明言せず
フジ・久慈暁子アナは究極のサゲマン? 同棲報道後に成績急落したヤクルト原樹理の惨状
巨人Vにeプロ板東も歓喜「93年世代」活躍刺激に
西武ニールに「多くのMLB球団が興味」 米記者が伝える「ネクスト・マイコラス」
飯田哲也が西武戦で痛恨の落球「野球人生でもっとも思い出したくない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加