亀梨和也主演「PとJK」の音楽を大橋トリオが担当、劇中歌にフリッパーズ・ギター

亀梨和也主演「PとJK」の音楽を大橋トリオが担当、劇中歌にフリッパーズ・ギター

  • ナタリー
  • 更新日:2016/11/30

亀梨和也土屋太鳳の共演作「PとJK」の音楽を大橋好規(大橋トリオ)が担当することが決定。あわせて劇中歌としてブルーノ・マーズ、フリッパーズ・ギターの楽曲が使用されることが発表された。

すべての写真を見る(全5枚)

No image

きれいな写真をもっと見る(全5枚)

三次マキの同名マンガを「オオカミ少女と黒王子」「ストロボ・エッジ」の廣木隆一が実写映画化した本作。亀梨演じる主人公のイケメン警察官・佐賀野功太と、土屋演じるピュアな女子高生カコの秘密の結婚生活を描く。

No image

廣木の監督作「余命1ヶ月の花嫁」「雷桜」でも音楽を担当している大橋は「廣木監督とは、今回で3本目の映画音楽をやらせていただいており、非常に光栄に思います。当然監督からの要望はありましたが、その中でも自由につくらせてもらい、楽しかったです」とコメント。

ウエディングソングの鉄板曲として知られるブルーノ・マーズの「マリー・ユー」は、功太とカコ、2人の未来を描く大切なシーンで登場。そして、フリッパーズ・ギターの「Friends Again -フレンズ・アゲイン-」はカコが秘密の新婚生活を送るシーン、「Happy Like a Honeybee -ピクニックには早すぎる-」は、文化祭のシーンで流れ、本編を彩る。

「PとJK」は、2017年3月25日に全国ロードショー。

(c)2017「PとJK」製作委員会

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
12月4日の注目映画第1位は『LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門』
映画「この世界の片隅に」は日常系アニメ たとえ戦争中でも生活は続いている
女同士の究極の純愛―中田秀夫監督、初のロマンポルノ『ホワイトリリー』
5つ星!『君の名は。』を英メディアが大絶賛
河原和音原作「先生!」に竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、比嘉愛未が出演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加