10年以上で5億円...法務局元職員が収入印紙を着服か

10年以上で5億円...法務局元職員が収入印紙を着服か

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/09/15
No image

動画を見る(元記事へ)

10年以上にわたって5億円近い収入印紙を着服していたということです。

法務省などによりますと、東京法務局で登記申請を担当していた元男性職員(63)は2006年から10年以上にわたり、申請書から新しい収入印紙を剥がし、消印済みの古い印紙に貼り替える手口で約4億7000万円分を着服していたということです。着服した印紙を換金して、ギャンブルや借金の返済に充てていたとみられています。東京法務局はこの元職員を去年12月に懲戒免職し、警視庁に刑事告発しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
久留米大附設、ラ・サール... 医学部受験を席巻する高校が九州に多い理由
ガラスの壁を破り...「イオンモール」に車が突っ込む
AV出演50回以上の消防士 同僚がサンプル見て発覚
大卒より高卒が有利になるってホント?
「急に軽く...」2人乗り自転車から落ちた女性重体に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加