土曜京都の危険な人気馬

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/13

【京都10R・ミリッサ】秋華賞は距離も長く、道悪で脚を取られたことが敗因か。3勝を挙げるマイルで反撃が期待されるが、いくら放牧先で乗っていたとしても、帰厩後は一杯に追ったのが先週と今週だけ。小柄でハードに追えないのだろうが、息の持ちが心配だ。オークス馬シンハライトの異父妹とあって人気は集めるが、信頼は置けない。

【京都11R・ラインスピリット】3頭出走するタンザナイトS組の最先着馬。2番手から粘って2着だったが、当時はハンデ56キロ。今回は別定戦で2キロ増える。昨年のこのレースを58キロで3着と健闘したが、斤量を背負った分だけ行き脚がつかなかった。56キロと58キロではパフォーマンスに差が出る印象だ。前走で0秒1差で3着のアクティブミノルは今回、据え置きの56キロ。条件が厳しい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
般若、UZIとZeebraに激怒「あんたら世代の意識の無さ」 痛烈なディス
約束の時間を守る人と守らない人 対照的なケースをすっきりと比べた漫画が話題に
小島瑠璃子 ふっくらバストが眩しい貴重なビキニ姿は「こじるり無双」
動けなくなくなった飼い犬を山に置き去りにし死なせた登山者に非難殺到(英)
商品なく、店員不在...岐阜の異様なローソン 本社が想定外の事態が起きたと謝罪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加