倦怠期に突入した時の彼氏の本音5つ え、そんな事考えているの?

倦怠期に突入した時の彼氏の本音5つ え、そんな事考えているの?

  • モデルプレス
  • 更新日:2017/12/08

【恋愛コラム/モデルプレス】長く付き合っているカップルなら、一度は訪れるであろう「倦怠期」ですがこの期間がカップルの今後を左右することもあります。実際に倦怠期に突入した場合、彼氏側である男性はどんな事を思っているのでしょうか。今回は、実際に倦怠期の経験がある男性に話を聞いて意見をまとめてみました。

No image

(写真 : 倦怠期に突入した時の彼氏の本音5つ え、そんな事考えているの?(photo-by-Andrey-Popov/Fotolia))

【他の記事を見る】男性が「たまらなく、抱きたい!」女性5の特徴

♥彼女のことが本当にどうでも良くなる

「倦怠期は申し訳ないけど彼女のことが本当にどうでも良かった。何をしていてもどこに行っても気にならないし、感情をぶつけられても他人事みたいだったな。彼女はそんな俺の態度を見て更にイライラして、結局上手くいかなくなって別れたよ。倦怠期って乗り越えるの難しいね」(28歳/技術)

倦怠期に突入すると彼女のことがどうでも良くなって、まるで他人と接しているような気持ちになる男性もいるようです。

この状態を見た彼女からしたら「冷たい」と感じてしまい、余計に関係が悪化してしまうことも珍しくないのでしょう。

その結果、乗り越えることが出来ずに別れてしまう…ということもあるみたいですね。

♥しばらく一人の時間が欲しい

「お互いにイライラしやすい倦怠期は、しばらく一人になる時間が欲しいって思いました。無理に一緒にいても楽しくないですし、冷静になるためにも必要だなと。今の彼女とは倦怠期を迎えたことがまだないですが、もしそうなったら多分彼女の事が恋しくなるまでは放っておいて欲しいって思うんじゃないかな」(30歳/自営業)

倦怠期はお互いの行動や発言にイラッとしやすい時期でもあるので、たしかに一人の時間を作ったほうが良いのかもしれません。

女性はそういう時期だからこそ不安で会いたがる人が多いですが、それは男性にとって逆効果であるということです。

自分も一人になる時間を作って、これまでの事を冷静に見つめ直してみると良いでしょう。

♥倦怠期だから距離を置くべき

「倦怠期ってそうそう長く続くものじゃないでしょ。こういう時はお互い一切連絡も取らず会わずに距離を置くべきだと思ってる。だって会って嫌だと思っちゃったら、別れるしかなくなっちゃうじゃない。それを回避するためにも、お互いのことを考えるためにも距離を置くのって結構大事よ」(26歳/イラストレーター)

倦怠期は時間が解決してくれることがほとんどなので、無理に会わず距離を置いたほうが良いという意見はいくつかありました

無理に会うことで嫌いになってしまっては、別れるという結果しか生まれないのでそれを避けたいというのが男性の本音としてあるのかもしれません。

距離を置いている間、友達に相談したり自分の趣味に没頭したりして時間が経つのを待ってみましょう。

♥この機会に本音でぶつかりたい

「僕は、倦怠期こそきちんと本音を伝えるチャンスだと思ってます。だって普段は嫌われるかもしれないと思って、言えずに終わっていることってありますから。一回今の彼女と倦怠期に突入した時になぜイライラするのかとか、話し合ったんです。そしたら二人共勘違いしていることが分かって。結構簡単に倦怠期を乗り越えられました」(27歳/塾講師)

倦怠期に突入するということはある程度付き合いも長くなり、お互いの良い部分悪い部分を把握していることが多いです。

だからこそきちんと本音でぶつかって、今だから言えることを言っておくのも今後の付き合いのためには大切なのかもしれません。

それがキッカケでより仲良くなれることもありますからね。

♥倦怠期でも彼女のことは気にかける

「もう彼女とは学生時代から6年の付き合いになるから、2~3回倦怠期を迎えたことがあるんだ。苛ついたり会うのがしんどいと思ったりすることもあるけど、やっぱり彼女のことは気になるね。夜遅ければ心配するし、体調が悪ければ看病する。そんな時でも喧嘩になったりするんだけど…。でもそうすることで彼女が信頼してくれて、乗り越えた後はもっと仲良くなれているよ」(29歳/美容師)

たとえ倦怠期になっても彼女のことが嫌いになった訳ではないので、常に気にかけてしまうという男性もいるのです。

確かに倦怠期でもしっかりと見ていてくれる安心感があれば、女性は無理に甘えたり連絡を取ったりしないのかもしれないですね。

「倦怠期に突入した…」って考えすぎないのも一つの策と言えるでしょう。

いかがでしたか?

倦怠期の間は出来るだけ距離を置くなど、あまり彼女と関わりを持ちたくないと考える男性が多いイメージでした。

お互い冷静になれたタイミングで話し合いをすれば、倦怠期を乗り越えられる可能性もあるので最初から無理に関わりすぎないことも大切です。

もし気持ちが冷めてしまったのなら、敢えて一回別れて付き合い直してみるというのも手ですから2人にとって一番良い方法で解決してみてください。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「付き合う前にエッチしちゃった」を体験した女子に話を聞いてみた
そんなに大事?夜の営みを拒否するママたちの本音  #夜の営み事情
“トロフィーワイフ”って?ハイスペック男性のキラキラ妻の特徴5選
彼氏の前では言わないで!結婚が遠のくNGワード
B型男性をイラッとさせる一言9パターン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加