10代妻DVで逮捕の三橋貴明は常習犯、元嫁のブログ内容がヤバい! 関係者「彼は陰謀論を展開するだろう」

10代妻DVで逮捕の三橋貴明は常習犯、元嫁のブログ内容がヤバい! 関係者「彼は陰謀論を展開するだろう」

  • TOCANA
  • 更新日:2018/01/10
No image

画像は、『日本の大復活はここから始まる!』(小学館)

メディア出演も数多い経済評論家の三橋貴明氏(48=本名・中村貴司)が10代妻への傷害容疑で警視庁高輪署に逮捕された。逮捕容疑は5日午後7時ごろ、自宅で10代妻に足をかけて転倒させ、顔を平手で殴ったり、腕に噛みついたりして、全治1週間のケガを負わせた疑い。8日に同氏は釈放された。警視の調べに同氏は「何もしていない」と否認しているが、昨年9月と11月にも同様のトラブルで妻から110番があったという。

三橋氏は外資系IT企業勤務などを経て2008年に独立。ネット掲示板「2ちゃんねる」での発言をきっかけに評論家デビューを果たし、多数の著書も執筆している。その活躍ぶりはめざましいが、一部で同氏の経済理論は「オカルト」との指摘もある。

2010年には参院選比例代表で自民党から立候補も落選。先月13日には、安倍晋三首相と会食したことをブログで公開し、政策に批判的な意見を伝えたとして「近い将来、私に何らかのスキャンダルが出るか、痴漢冤罪(えんざい)で捕まるか、弊社に国税が来るのは避けられないでしょう」と意味深に書き込んでいた。政界関係者の話。

「ただの2ちゃんねらーが一国の首相と会食するまでに上り詰めたのだからたいしたもの。国家権力に怯える様子も『自分は大物なんだ』というアピール。今回の逮捕で『言った通りになった』と陰謀論をブチ上げるだろうが、全くそうした“力”は働いていない。ハメられるほどの大物ではありませんからね(笑)」

むしろ今回は逮捕されるべくして逮捕された。社会部記者は「昨年、奥さんからの2度の通報を受け、当局は三橋氏に暴力をやめるよう警告したが、再びトラブルを起こした。実はこの手のDVで彼が逮捕されたのは今回が初めてではない。つまり常習。警察は家庭内の揉め事に口を挟まない民事不介入が原則だが、よほど悪質だったのだろう」と推察する。

ネット上では同氏に10代の妻がいたことにも注目が集まっている。三橋氏を知る人物によると「彼はバツ2で、いまの奥さんとは2年ほど前に結婚したそうだ。現時点で10代なのだから、当時は淫行一歩手前の年齢だったはず。彼は博識で普段の物腰は柔らかく、初対面の人には非常に魅力的に映る。現妻も勢いで一緒になった感はある」という。

事件を機に元妻の女性作家の過去ブログにも注目が集まっている。その女性は15年6月に「DV加害者の二枚舌と“共犯者の存在”」と題した記事を掲載。「DV・虐待について勉強することを、私はライフワークのひとつとしている」から始まり、DVは「家庭内のいざこざ」というよりも「殺人未遂」という方がより真実に近いと評している。

またDVをする人の特徴を「少なからずのサディスト」と定義した上で、周囲がDV常習犯を見て見ぬフリすることは「広義においては“人殺しの共犯”と呼ばれても仕方がないのでは、と私は敢えて苦言を呈したい」と述べている。実名こそ出てこないが、“DV男”との生々しい会話も記されており、ネット上では「離婚原因はやっぱり…」といった声が上がっている。

当の三橋容疑者は釈放された8日にブログを更新。妻への暴力を謝罪する一方で、大々的に事件を報じたマスコミに対し「わたくし共の『夫婦喧嘩』が、それほど凄い事件なのでしょうか そんなに目くじら立てて追っかけるようなネタかよ!」とブチ切れ。高輪署に集まった報道陣に中指を突き立て「クソ食らえ!」と吠える様子もテレビで流された。

「さて、ここから彼の陰謀論が始まりますよ」。そう語るのはテレビ関係者だが、真に受ける人はどれだけいるのだろうか――。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「関東連合」元幹部、“AV女優と交際”で恐喝未遂か
【寒波】最後にもう1度だけ言うけど、来週  “とんでもないこと” が起こります / 月曜が合図で、そのあと終わりが来ます
小田急の「明日のことはとても考えられる状況にない」コメントが名言すぎると絶賛
民泊、性的暴行や盗撮など危険な宿・犯罪多発...京都、3千軒が違法施設か
【社畜】関東民、大雪で帰宅困難になりそうと言われているのに満員電車で元気に出社!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加