新『相棒』好発進も「あの人なしはツライ」

新『相棒』好発進も「あの人なしはツライ」

  • 日刊大衆
  • 更新日:2016/10/19
No image

新『相棒』好発進も「あの人なしはツライ」

水谷豊(64)主演の大人気ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)の新シリーズ『相棒season15』。10月12日の初回放送が平均視聴率15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好発進を切ったのだが、世間からは「あの人がいないのが地味にツラい」という声が上がっている。

【関連】松嶋菜々子「あのドラマで夫婦共演!?」低迷する視聴率女王の“秘策”

「シーズン15では前シーズンに引き続き、4代目相棒の反町隆史(42)が再び相棒を演じたり、シーズン13で登場した仲間由紀恵(36)が再登場したりとファンを喜ばせる要素は多いです。ただ、ファーストシーズンからずっとレギュラーで登場していた鑑識課の米沢守役の六角精児(54)がいないんです。コアなファンからは“米沢ロス”を嘆く声が上がっています」(テレビ誌ライター)

「相棒役」の入れ替わりが激しい同ドラマで、レギュラーメンバーとして登場し続け、杉下右京を支える“影の相棒”と呼ばれていた米沢。ネットではファンからの「やっぱり米沢さんいないとすごい寂しい」「具なしのラーメン食べてるみたいだ」「シリーズ通しての相棒・米沢がいないとか……(泣)」「米沢守いないとシリアスになりすぎるんだよなぁ」といった声が上がっている。

「7月5日の定例社長会見で、テレビ朝日の平城隆司常務は米沢役の六角が今シーズンでレギュラー出演しないことを発表しました。ただその場では、“今後の『相棒』に一切出ないということではない”とコメントされてます。あくまで“レギュラー出演がなくなる”という意味で、2017年公開の劇場版『相棒IV』の撮影にも六角は参加しているようです。今シーズンでの登場はありませんが、次のシーズンあたり、復活に期待したいですね」(前出のテレビ誌ライター)

毎週その姿が拝めないのは寂しいが、米沢守の再登場に希望を持ってもよさそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
やりすぎ!? アンジャ渡部建の“神対応”がすごかった!
【気が早い】大ヒット『逃げ恥』に深刻な問題が浮上 → ネット上で「逃げ恥ロス」を心配する声が多数挙がる
2度目の打ち切りへ?「マツコの知らない世界」のヤラセに視聴者から批判殺到
年末恒例『Mステスーパーライブ』史上最多45組 全出演者発表
成宮寛貴の薬物疑惑報道でディーン・フジオカファンが激怒するワケ

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加